カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
全体主義
最新の後藤勝さんの記事によると、永井篤志選手の移籍には手倉森浩コーチからの勧誘がきっかけとしてあったためと、されています。

日本人体制で迎えるベガルタ仙台の新シーズン(1/2)
日本人体制で迎えるベガルタ仙台の新シーズン(2/2)

憶測ではそうではないか、とされていたのですが、明確な形で示されたのはこれがはじめてです。

浩さん自身の移籍については「東北を盛り上げること」を目指して、「より昇格の可能性のある仙台を選択した」との主張がされています。浩さんの思いは良くわかります。ユースではなくトップチームのコーチをしてみたいという気持ちもわかります。

しかしだからといって、浩さんの移籍だけにとどまらず山形の主力選手まで巻き込むのは果たしてどうなのか。チームコーチの役割は選手個人のレベルアップを図るとともに、チーム全体のレベルアップを目指すことだと理解しています。最終的な移籍の決断は永井選手自身がしたとはいえ、結果的に手倉森浩コーチは主力選手を連れて移籍する形になっています。これは明らかに山形にとってはマイナスとなっています。
 
浩さんが移籍を決断しそれに付随して永井選手を勧誘したことは、東北全体を盛り上がるために山形が犠牲になってもしょうがない、との判断が示されたことになります。
 
 東北全体のためには山形ゴメンネの構造。
 みんなのために個人はガマンしてネの構造。
 
最近の社会全体の風潮によく一致する考え方のようです。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2007-03-02(Fri) 10:33:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。