カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2007 J2 戦力分析1 京都・C大阪
 いつの間にやら2007年シーズン開幕まで1週間を切っています。これまで多忙を理由に開幕戦への参戦を見合わせていました。ですが、このままだとダラダラしてしまい非能率的なので、仕事にメドをつけるために参戦を決意しました。そこで土曜までにたまっている仕事を終わらすべく、また開幕までモチベーションを高めるべくライバルチームの戦力分析をしてみます。とはいってもあくまでこれまでの報道や名鑑を見ての印象論です。昨年も同様のことをしたのですが、当たっているところもあり、外れているところもあり。まあ、あーだこーだ考えているときが一番楽しいということで、当たらずとも気にせずに勝手に予想開始。

<京都>
 J1に上がって金を使わず、J2に落ちて金を投入する非効率的な印象のクラブ。とはいえ、戦力的には(東京V同様)J2では抜けている感があります。一昨年にJ2で22点をあげたFWパウリーニョが健在の上、C大阪からFW徳重を獲得しています。中盤には斉藤・中払・星・加藤と能力の高い選手がそろっています。DF陣にも秋田・森岡と代表経験者を揃えました。選手層に問題は見られません。問題になりそうなのは、監督の経験が浅いことと、ベテランが多く下からの突き上げが期待できないことでしょうか。ベテラン勢は今年の戦力として考えれば大きいのですが、昇格後を見据えた将来的なビジョンが相変わらず見えてこないのが残念です。戦力はあっても中位(5位)に落ち着いた04年シーズンのような例もありますから、クラブとしても楽観視はしていないでしょうが。

<C大阪>
 同じ降格組でも、京都ほど目立った補強はないようです。むしろFW大久保、FW西澤、DFブルーノ・クアドロスなど昨年の主力級が他クラブへと移籍してしまいました。FW陣の穴は、U21代表候補の苔口や森島(康)ら有望な若手と古橋などベテランを組み合わせることで埋めることができると考えているようです。ただし、DF陣に目だった補強はなくやや攻撃陣重視といえそうです。セレッソは伝統的に攻撃重視のところがあり、守備がおろそかになりがちな印象があります。その点を克服できれば05年にJ1で大躍進したように、バランスの良いチームをつくることが可能です。今期から指揮を執るの都並監督は、守備を重視する、と明言しています。さて、そのお手並みを拝見することにしましょう。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2007-03-01(Thu) 21:56:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。