カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
太田の矜持
太田のプレーが好きだった。
大きく手を振って一生懸命に走る姿が好きだった。
チャンスだと見ると果敢に攻めていくその気持ちが好きだった。
失敗しても失敗しても何度もチャレンジする姿勢が好きだった。

2003年5月。リーグ戦序盤のホームゲームで彼のミスから不用意な失点をしてしまい、結果負けてしまったことがある。試合後の会見では監督は彼の不用意なプレーを暗に責めたし、彼自身も自らのミスを認めるコメントを出している。
それにもかかわらず、その日太田はいつもと変わらずに出待ちのサポーターへのサインや写真撮影・握手に応じていた。やがてサポータもはけ、太田がバスに戻ろうとしたときに、フェンスからやや離れたところから「太田さん、いい上がりだったよ!」と声がかかった。
太田は一瞬声の方向を凝視したあと、深々とおじぎをして、そしてバスへ駆けていった。

その後まもなく『Rush』誌上(№12、2003年6月発行)での太田へのインタビューで「サポーターに言われて嬉しくなる言葉は?」との問いに、「『いい上がりだったね~』。そうしたら『ありがとうございます(ペコリ)!』って(笑)」とあった。インタビューの日付は件の試合の翌日。あの時の言葉に違いない。

この記事を読んで、あの日のことを思い出して、「ああ、太田は積極的に攻撃に絡むことに自分の価値を見出していたんだな」とひとりで合点がいったことを思い出す。この試合後半の太田の姿はただただ美しかった。ミス後、彼はいつもにも増して積極的にサイドラインを駆け上がっていた。ミスを取りかえすために彼が選択したのは積極的にあがること。ミスによって彼の自信やプライドは傷ついたかもしれない。しかしプロである以上、その傷は何かで補わなくてはならない。それが太田にとっては自分の信じるプレースタイル、すなわち積極的にあがることであったのだろう。だからこそ、そのスタイルを十分に発揮できた試合の後にサポーターからそのスタイルを評価されたことが嬉しかったのだろう。

右SBの位置は昨年には臼井幸平が、今期途中からは木村誠が定位置を確保し、太田の出番はほとんどなかった。練習試合やサテライトではほとんどセンターバックでプレーしていた。センターバックはサイドバックほど攻撃には絡めない。それでも折をみて積極的にあがる太田の姿がみられたという。トップの試合に出られない、本来のポジションではないもどかしさはあったに違いない。それでも太田は太田らしいプレーを忘れなかった。それは彼のプロとして生きてきた自信と誇りに裏打ちされている。そのことがうれしかった。
太田のそんな一徹なところが好きだった。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2006-12-24(Sun) 00:17:51】 | Trackback:(1) | Comments:(1)
コメント

こんばんは。
早速リンク張っていただいてありがとうございます。
いつも冷静かつ論理的で読みやすい文章力にはただただ脱帽するばかりです。
私も一度でいいからそんな文章が書いてみたい…。
来年、現地観戦の数は激減しますが、もし現地で見かけたらまた一緒に観戦してくださいね。
今後とも宜しくお願いいたします。

太田選手って、今の臼井選手とかぶるところがあるんですよね。
豊富な運動量とスピード、サイドハーフもできる、そして絶対に最後まであきらめないところetc...
私もそんな鉄人太田選手が大好きでした。
2006-12-26 火 00:57:05 | URL | j-kit #MF8IyTP2 [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

いろいろ考えることはあるのですが、今日は太田さんについて一言。山神様の調子が良いとき、最も悪質なファウルをもらうのが鉄人・太田だったような気がします。それは、どんなビューティフルなゴールよりも、どんな効果的なタックルよりも、サイドを駆け上がってくる太田さ
【2006-12-24 Sun 00:58:36】 | すけさん日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。