カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
なんて学習しない人々なんだろう
【日本代表中東遠征 現地練習(9/1)】練習後のオシム監督(日本代表)コメント[ J's GOAL ]より

Q1:到着後、すぐに練習した狙いは?
「時差調整だ。出発前から考えていたこと」

Q2:この練習内容に満足しているのか?
「…(首を振る)」
(通訳が「軽く練習をやって明日からばっちりという感じでしょう」と補足)

Q3:かなり暑いが、気候について感想は?
「感想を言ってよくなるならいいが、そうでないなら言わない」

Q4:真夜中の練習だったが?
「この時間は世界では昼間のところもある。ここが真夜中だからといって、真夜中に練習したとはいえない」

Q5:時差や暑さを含め、アウェーを感じたと思うが?
「与えられた条件の中でやるしかない」


Q1は聞かなくてはならない質問だとおもいます。到着後すぐの、しかも真夜中の練習は異例ですから。
ですが、その答えにオシムが「時差調整だ」と言っているのに、Q2で「練習内容に満足しているか」と聞くのは、Q1の答えをまったく踏まえていません。時差調整に満足も不満足もありません。Q4についても同様です。「時差調整」だから、夜にしているのです。
Q3は暑さ対策について聞きたかったのでしょうが、オシムは(わかっているのに)そこまで記者の意図を推し量った回答をしてくれません。
Q5については「アウェイを感じた」とどうだというのでしょうか。事実アウェイなんだから、別に聞かなくてもいいような質問です。
前任のジーコさんは記者の短い質問の意図を(勝手に)推し量り、長々とインタビューに答えてくれました。
でもそのやり方はオシムには通用しないらしいことはこれまでで明らかです。
人の話を聞くのにその人に合わせるのは礼儀だとおもうのですが、記者たちがオシムの質問への対応を学習していないのなら、それは礼儀知らずだということになりますね。
スポンサーサイト


サッカー日本代表 | 【2006-09-01(Fri) 22:10:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。