カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
やすくにじんじゃってなに?
 終戦の日の8/15日に小泉総理大臣が靖国神社にお参りしました。朝からその日一日はニュースでずっととりあげられていました。ではなぜこんなに問題になるのでしょうか。
 靖国神社には明治維新以来、国のために戦って死んだ軍人さんが神として祭られました。国も先の戦争中には「死んだら靖国神社で神になれる」言ってたくさんの兵隊さんを戦場に送りこみました。兵隊さんたちも戦地にいくときに、家族には「靖国に会いにきてくれ」、戦友には「靖国で会おう」といって別れていきました。
 ですから小泉総理大臣や安倍官房長官が「日本のために戦った人を参拝するのは当然」であり、彼らに「二度と戦争をしないとちかう」ために参拝するというのはとてもよいことのようにおもわれます。
 ではなぜ中国や韓国は小泉総理大臣が靖国神社をお参りするとなぜあれほど怒るのでしょうか。何に対して怒っているのかといえば、靖国神社には「A級戦犯」がまつられていて、それを日本国を代表する総理大臣がお参りすることに対して、です。
 「A級戦犯」というのは、戦争後に戦争の責任があるとされた当時の総理大臣や陸軍・海軍の大臣たちです。一国の指導者と軍隊の一番えらい人たちですから、当然責任は取らなくてはなりません。責任者は責任を取るためにいますから。
 この「A級戦犯」が神としてまつられている靖国神社を今の日本の総理大臣がお参りするということは、中国では「日本が中国を侵略した歴史を反省していない」というふうにみるのです。これももっともだとおもいます。
 靖国神社にお参りする小泉総理大臣も、それを批判する中国もそれぞれ言い分があります。どちらも正しいことをいっているようです。ですが、まったく話がかみ合っていません。小泉総理は靖国神社にまつられている神=一般の兵隊さん、という考えで話をしています。これに対して中国側は靖国神社にまつられている神=A級戦犯、という考えで話をしていますから。
 中国側は、A級戦犯をまつらなければ、総理大臣が靖国神社にお参りするのはかまわない、といいます。これに対して小泉総理は、中国が問題にする「靖国にA級戦犯がまつってあること」に正面から向き合いません。あくまで靖国の神は「日本のために戦った人々」という言い方をします。かみ合っていないのですから、解決もしようがありません。
 そもそも靖国神社には兵隊さんは神としてまつっていても、広島や長崎で原爆でなくなった人々や沖縄で米軍や日本軍に殺された人々や都市部への空襲でなくなった人たちはまつられていません。これらの人々には「二度と戦争をしないと誓う」必要はないのでしょうか。靖国神社で兵隊さんにだけに誓って、一般の人々には誓わないというのはヘンな話ですね。
スポンサーサイト


今日の一ネタ(原稿) | 【2006-09-01(Fri) 22:06:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。