カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2006J2第29節vs東京ヴェルディ1969@ベスパ
二回のレッドは厳しすぎる感がありました。
一回目の林のレッドを基準にしたため、二回目にレアンドロにレッド宣告をせざるを得なかった、と考えられます。したがって、一回目のレッドカードが本当にレッドカードに値するのかどうかが問われなければなりません。
そして、たぶん一回目のレッドは厳しすぎたのでしょう。それまで試合が荒れていたわけではありませんでした。ですから、試合を沈静化するとか、コントロールするために出されたレッドカードではありません。

ワールドカップ決勝でのフランスMF・ジダンの受けた侮辱行為と報復と一発退場が世間を賑わせています。またイングランドFWルーニーも同様の報復行為で一発退場を命じられました。挑発に乗って報復した方が厳しい判定が下されています。

この状況下で、報復行為については厳しく取る方針だった可能性はあります。それにしても、厳し過ぎるジャッジであることには変わりありません。試合後何人かと話をしましたが、誰もレッドカードの説明はできませんでしたし、ネット上でも納得のいく説明は見受けられません。主審への抗議として「八百長家本!」とコールする気持ちはわからないではありません。

ただし、「八百長ヴェルディ!」コールに関しては、明らかに言いすぎです。今回は主審のジャッジが問題であって、相手クラブに問題があったわけではありません。問題にすべきは主審であって、相手クラブではありません。

ベルディが八百長行為をしていたかどうかは、わかりえません。証拠もないのに、相手を蔑むのはつつしむべきです。

先入観で物事を判断するのは簡単です。
決め付けられた方はたまったもんじゃありません。

さて、試合はよく二人少ない状況で一失点で乗り切った、と思います。
できるならば、前半も無失点で乗り切れればベストなのですが、前線にまったく選手がおらず、攻めるも守るも混乱した状況ですから仕方ありません。二人少ないながらも、相手の攻めを跳ね返し、すくないチャンスを狙い続けた後半の戦いぶりは見事でした。

次節は2トップ入れ替えとなります。けが人も絶えません。コンディションの落ちている選手もいるようです。ここがいわゆる正念場です。
次節の戦い次第では、また上昇気流にのれそうな気がします。
というか、乗ってくれ。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2006-07-23(Sun) 09:14:10】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

二日酔いでも昨夜の山神様から。林、レアンドロ不可解一発退場<J2:東京V1-0山形>◇第29節◇22日◇山形県総合運動公園陸上競技場山形はホームで東京Vと対戦し、0-1で敗れた。前半からの退場者が響いた。順位は8位に後退した。0-1の惜敗に天を仰ぐ山形「
【2006-07-26 Wed 08:02:08】 | すけさん日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。