カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
水戸・前田監督の分析の分析
 水戸戦。
 見事な攻撃と見事な守備でした。
 攻撃では、ボールを奪ってからすばやく相手の大勢が整わないままに攻めたカウンターからの得点は見事でした。
 守備では、これまで散々に突かれていた両サイドバックのウラをほとんど取らせなかったことは大いに評価できます。
 さて試合後、水戸の前田監督が試合後の記者会見で興味深いことを語っています。アウェイゲームの記者会見としては異例の長さだと思うのですが、何か思うところがあったのかもしれません。このコメントを参考にしながらいろいろ考えてみたいと思います。
 前田監督のコメントでまず驚いたのは、水戸が単に守りを固めるだけでなく、自ら攻める能動的なサッカーを模索し始めたということです。すなわち単に守って守ってカウンターで勝利を求めるのではなく、ポゼッションを高める必要を感じているようです。
 ただそのポゼッションサッカーは今のJ2ではなかなか通用しません。前田監督は「どのチームもそうですし、ヴェルティもそうですけれども、点を取りに行くというのは大変リスクがあって、確実にシュートまで持っていくっていうチームはJ2の中ではなかなかない。これができればJ1には行ける」と指摘しています。ベルディの例は前節まで山形・徳島と連敗したベルディのサッカーを指すのでしょう。J1仕様のポゼッション戦術で臨み、連敗したベルディを引用することで、目指すところの困難さを示唆します。
 次に山形の戦術に関しては「逆に山形のほうがしっかりと守って、それを点に結びつけた」と言います。また「(水戸は)上位チームにいい試合をする。相手が攻めてきてくれると、いいサッカーになる」、「(水戸は)愛媛とか草津とか下位のチームには負けている。(中略)守備が堅いチームにはなかなか点が取れない」とも言ってますから、前田監督は、この試合の山形のサッカーをかなり守備的な戦術を採ったと見ています。
 ただしそれでも水戸の敗因の第一に「個人戦術の能力の差」をあげています。少し後に「自分たちのポゼッションをしながらシュートまで持っていく、個人戦術を高いレベルに育てなきゃいけない部分もある」といってますから、個人戦術とはポゼッションをしながらシュートまでもっていくことを指すようです。これが山形の方が水戸より上回っていた、と指摘します。
 山形のポゼッション能力の高さは前々から指摘されていたところです。ただそれだけでは勝てないことが第一クールで明確になりました。近頃はその反省を踏まえ、しっかりと守備をすることで逆に攻撃にも冴えを見せて四連勝中です。
 ただ、このままでシーズンを乗り切ることができるかといえば、そうは思えません。
 守備的な戦術は効率がいい分、前田監督のいう「個人的戦術」がおろそかになりがちです。つまりは自分で仕掛けてゴールを奪おうとうする気が減少しがちになることが懸念されます。そうやって積極的にチャレンジすることで選手の質が上がらなければチーム全体の質も上がることはありません。
 結局は、ポゼッションとカウンターのバランス感覚が求められることになりそうです。どちらか一方だけでなく、どちらも時と場合によって使い分けることが重要なようです。
 ようやく「攻撃のプライオリティの整理」ができる段階まできたということが言えるでしょうか。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2006-05-28(Sun) 22:21:56】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

こうなると、第一クールの不調が何だったのか不思議になります。いや、ベリー良いことなのですが。山形快進撃!3発4連勝<J2:山形3-0水戸>◇第18節◇27日◇山形県総合運動公園陸上競技場ほか 山形の進撃が止まらない。ホームで水戸と対戦、FW林晃平(27)
【2006-05-30 Tue 12:53:23】 | らんくす日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。