カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
靖国神社見学記2
 靖国神社の展示施設・遊就館では毎日定時に自作の映画を上映しています。タイトルは「私たちは忘れない!-感謝と祈りと誇りを-」(企画・製作 日本会義・英霊にこたえる会、後援・靖国神社)。遊就館のパンフレットの解説文によると「日清・日露の大戦から大東亜戦争まで…。我が国近代史の戦争の歴史を、当時の貴重な映像で再現し、東京裁判で歪められた歴史の真実に迫るドキュメント映画。(50分)」とあります。
日曜ということもあって席はほぼ埋まっています。うしろには立ち見もでるほどの盛況です。
 映画のオープニングはXの「Forever Love」。数年前、小泉首相が好きな曲と明言し、一時期自民党のCMにも使われたあの曲です。
 この映画が何年の製作なのかはっきりしませんが、遊就館自体の建て直しが平成14年です。そのときに一緒に映写室の完成(改築?)とともにこの映画も作られたとすれば、小泉首相の就任及びこの曲をテーマソングとした時期と重なります。さすが一国の首相。影響力も大きい。
さて内容については「自存自衛の戦い」というフレーズを繰り返し、「靖国神社の存在意義」を強調していました。自らの存在意義を強調するあまり、戦争を正当化しようとする意識がちょっと露骨すぎるかとも思われました。
たとえば…
・第二次大戦参戦について…「すべてを捨てて日清戦争以前に戻ればいい、と言う人もいますが、戦争をしなくても、戦争に負けたと同じことです。選択の余地はなかったのです」
 →戦争をしなければ、日本人が死ぬことも、日本人が殺すこともなかったはずです。欧米列強に侵略されたとしても、人がそれほど死ぬことはなかったでしょう。決して「戦争に負けたと同じ」であるわけがありません。

・東京裁判でのA級戦犯とされた人々について…「戦争に負けた。それだけでいわれなき罪を押し付けられて…」
 →戦争とは常に勝者の論理がまかり通るものです。勝てないと分かっている戦争を始めた指導者たちはそれだけで倫理的な非難は免れません。その指導者が祭られる靖国神社を一国の首相が参拝するというのは、やはりおかしなことです。
 またたとえ戦勝国側の一方的な裁判であったとしても、日本は東京裁判をサンフランシスコ講和条約で受け入れています。この条約がなければ日本は国際社会へ復帰することができませんでした。この点は認めなくてはならないでしょう。敗戦の責任を誰かが負わなくてはならないとすれば、彼らのほかに誰が責任をとれるのでしょう?天皇?日本国民すべて?

・エンディング近く
遺族が「兄が祭られるのは靖国以外ありません」と涙の訴え。
 →靖国以外の別の国立の戦没者のための施設を作ろうとする動きへの牽制としか思えません。施設ができたとしても、彼の 兄が靖国神社で祭られなくなるわけではありません。
 靖国神社からほど近く、歩いて5分程度のところに池に面して千鳥ヶ淵戦没者墓苑があります。こちらは無宗教の施設で、第二次大戦で亡くなった無名戦没者が祭られています。この施設を何とか活用できないかとの案があります。小泉首相は全く関心を示しませんでしたが。

 などなど。
 まあ一宗教法人の主張ですから、好きにすればいいと思います。ですがそこに一国の首相が絡んでくるとそうばかりも言ってられないのが今の靖国問題 なのだろうと思っています。
(ちなみに同行してくれた長兄様によると森山〇太郎の「さくら」の歌詞が靖国神社の風景にぴったりとのこと。確かに。)
(さらに続く)
スポンサーサイト


いろいろ | 【2006-04-20(Thu) 19:27:57】 | Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

靖国記続報、ありがとうございました。
同行した者として、思い出します。

ところで「さくら」の件、
必ずしも私は森山直太○が右翼と
いったわけではありません。

あのころの靖国の風景が、

♪さらば友よ またこの場所で会おう
 さくら舞い散る道の
 さくら舞い散る道の上で

という歌詞にあまりにもマッチした
ものと思いましたので、
もし私が右翼だったら、さくら満開のころに
「さくら」をあの境内で(あくまでも控えめに)流し続け、長い時間をかけてじっくりと
参詣者の心の中に定着させ、
「さくら」を靖国のイメージソングの
ひとつになるように仕向けるのになあ、
と考えただけです。
もちろん森山直太○がどう考えようが
それは無視です。

2006-04-23 日 13:12:30 | URL | 公台 #- [ 編集]

内容に誤りがあったようですね。お詫びして訂正します。ごめんなさい。>長兄
長兄の解説を聞いていると、やはり森山〇太郎の歌詞からは靖国の風景がにじみ出してきますね。意識的にか無意識にかはわかりませんが。


2006-04-23 日 23:32:16 | URL | taru #BsRNSj8. [ 編集]

「右翼だ」とは言いたくないですが、ライトウイングっぽい人が作ったフラッシュには、実際森○直太郎の「さくら」は使われてますね。
それなりに有名かもしれないフラですが。↓

http://tokyo.cool.ne.jp/kaiten_website/kaiten.swf

2006-04-25 火 23:37:38 | URL | たっくんちゃん #- [ 編集]

まさにこのイメージです!
この分だと将来確実にイメソンケテーイ?
2006-04-27 木 21:17:41 | URL | 公台 #- [ 編集]

やっとフラッシュ見ました。
まさに靖国の春の風景とマッチしてますね。
紹介ありがとうございます
>たっくんちゃん

靖国見学記3は諸般の事情でUPが遅れてます。
(たいした事情ではないのですが…)
ゆるりとお待ちください。
2006-04-27 木 22:09:42 | URL | taru #BsRNSj8. [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。