カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2006J2第7節 vs神戸@ベスパ
前節の草津戦の敗戦で樋口監督は自信を失ったのかもしれない。
試合後の記者会見では「私もチームも力不足だった」との発言。
そして攻撃的布陣から、カウンターへの戦術変更との今日の新聞報道。
結果が出ないならば、路線変更は当然かも知れない。

試合開始。
雨。気温3度。平日のナイトゲーム。
神戸は初めから無理はしないプランだったのだろうか。
山形が中盤でボールを奪って右サイドへつなげる。
特にMF高林から右MF佐々木へのロングパスが面白いように決まる。
右サイドを突破する。センタリングをあげる。
しかし攻撃はほとんどここまで。
誰もあわせられない。
こねてシュートを打たない。
打っても相手GKの正面。
山形有利な流れの中、相手DFが前半だけで2枚目のイエローカードで退場。
ますます神戸は守りを固めにかかる。

後半開始。
昨年まで山形に在籍したDF小林が入る。
そんなことに構わず山形は攻める。
ショートパスを繋ぐ。繋がる。
サイドからクロスをあげる。
しかし攻撃はほとんどここまで。
後半15分過ぎだろうか。
攻撃がロングボール主体に代わる。
しかしここでことごとくロングボール・クロスを跳ね返す小林。
もしかしたら小林でなければ、少しは競り勝てたかもしれない。
どこまでもつきまとう悪い流れ。
スルーパスに反応して飛び出すFW。
雨の日の攻撃のプライオリティの筆頭は、とにかくシュートを打つことだと思う。
GKがとりそこなうかもしれない。
水たまりで意外な変化をするかもしれない。
打てば何かがおきる。
しかしまだ整理のできていない選手もいるようだ。

試合終了。
0-0

相手が10人になってしまったため、こちらから仕掛けるを得ず、カウンター主体の戦術は見られなかった。
そして10人になったとはいえ、守りを固めた相手に圧倒的にボールを保持していた。
本来なら、カウンター戦術の見極めをすべき試合。
それができなかった。
なまじボールを持てた。
果たして次の試合はどうなるのだろうか?
悩みは尽きない。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2006-04-05(Wed) 23:18:25】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

かなり告知が遅れてしまったのですが、気分的には盛り上がっていきたいと思います。マスコットネーミング募集のお知らせ当協会が運営するモンテディオ山形のチームマスコットのネーミングを下記の通り、一般募集することとなりましたのでお知らせいたします。【A】山形の県
【2006-04-10 Mon 13:49:53】 | らんくす日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。