カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2006J2第5節 vsヴェルディ東京1969戦@ベスパ
遅ればせながら個人的にホーム開幕のV東京戦。
前半途中で2-0とリードしたのですが、そのリードを守れず逆転負け。手痛い一敗を喫しました。
確かに審判の不可解なジャッジもありましたが、相手の攻撃がよかったことも事実で、それに対応しきれなかったこともまた事実です。
リズムが変わったのはラモス監督の的確な采配からでしょうか。0-2とリードされた直後にボランチを喜名から金澤へと代えます。まだ前半の35分でのことです。喜名は守備的、金澤は攻撃的なイメージの強い選手です。明らかに攻撃色を強めようというメッセージです。
これに対して山形のほうでは、イケイケになってしまったとある選手のブログにも記されているとおり、意識は攻めに集中していたようでした。
結果、交替の直後に1点を失います。
カウンター気味に左サイドを突破されてセンタリング→PA内で相手FW斉藤がヘッドで折り返し→真ん中にいたFW平本のボレーときれいにつながれました。きれいな攻めでしたが、この攻撃に絡んだヴェルディの3選手を、山形のDFがフリーな状態にしていたことも間違いありません。みな前へ前へ意識がいっていたのかもしれません。
2点め3点めは遠いサイドの出来事なのでよくわかりません。
しかし2点目の原因となった臼井のレッドカードを貰うプレーも、結局は相手有利な場面を作らせたことによるものです。
3点目は混戦の中から決められたようです。あの時間帯は何度も自陣前でのプレーが続いていましたから、失点は免れなかったかもしれません。得点は途中出場のMF久場。ここでもラモス監督の采配は冴えたといえるでしょう。

山形の攻め手は、後半の後半にレオナルドを前線に上げてパワープレイに移行するまでは、ショートパスを繋いでの崩しを基本にしていたようです。相手のプレッシャーをさほど受けなかったのか、比較的自由にプレーしていたように思います。
ただ決定的な場面を作りながら、センタリングの精度がなかったり(というよりミスキック)、シュートチャンスでシュートを打てなかったりと数年来の課題が残ります。
そのなかでも昨年までと違うのは、レアンドロの存在です。彼にいい形でボールが渡れば、得点を量産できそうです。
これまでの試合でレアンドロが軸として据えうることははっきりしました。幹がしっかりしたとなれば、その上で枝である攻撃のバリエーションを増やしていかなくてはなりません。攻め手がそれしかないのでは、レアンドロが徹底マークされてまた得点できなくなることが明白ですから。もう一人のFWがゴールを決める、シュートにMFが詰める、ロングボールを入れてみる、スルーパスを狙ってみるなどなどまだまだちぐはぐな印象です。
守りに関しても攻めの意識が強すぎて、前目に出たところを突かれています。時間帯や流れを把握してプレーする必要があるようです。チーム全体として、それまで得点が少ないことのあせりからか、2-0になったことで大量得点を意識し始めた部分は否めないかと思います。ですが、そこはきちんと守備をこなして、相手が前目にでてきたところをカウンターで沈めればいいだけの話です。
得点が少ないこと、勝てないことがチーム全体にあせりを生じさせているようです。
これを打開するために、次の草津戦ではすっきりした勝利がぜひとも欲しいところです。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2006-03-28(Tue) 19:03:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。