カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
いわきでメヒカリ
久しぶりにメヒカリを食べました。メヒカリとは、体調10センチほどの深海魚で、いわき市の魚にも指定されています。
唐揚げにすると、淡白な白身の外はカリっと中はほくほくして、一口噛むとぎゅっと脂が飛び出して、柑橘系しょうゆとよく合います。この魚を食べるためだけに小名浜港(いわき市)まで車で出かけたこともあるくらい、この魚が好きです。
今回は常磐線で水戸方面から仙台へ帰る途中でしたので、乗り換え駅であるいわき駅近くでメヒカリを探してみました。さすが市の魚。あるわあるわ…数ある店のなかから、比較的雰囲気のよさそうな、料理屋っぽい店に入てみました。メニューを見ると、メヒカリの唐揚げと姿焼き。さらに刺身があります。未知の領域・メヒカリの刺身は即注文。唐揚げも当然注文です。
感想は、といえば、ちょっと期待はずれな感が…。
はじめに頼んだ刺身は、たしかに脂がのっているのですが、唐揚げを食べた時のような十重二十重の感動はありません。でもこれはそれほど期待していたわけではないのでよしとします。
次にしばらくしてから届いた唐揚げを一口。
ん?以前の食感とちょっと違うような…。カリっ、ほくっはそのままなんですが、脂がぎゅっと飛び出す感覚がありません。もちろんおいしいのですが、物足りなさは残ります。
刺身で出せるくらいですから、鮮度に問題があるとは思いません。とすると調理法の違いでしょうか。そういえば時間をかけてじっくりと揚げていましたから、そこで脂が流れたのかもしれません(そんなことがあるのかわかりませんが)。そうなると、丁寧な調理をしそうな、ちょっと高そうな店に入ったのが裏目だったかもしれません。
今まで一番おいしいと思ったメヒカリ唐揚げは、小名浜港に隣接した、その名もそのまま「市場食堂」のものです。そこではおばちゃんたちが家庭で作っている通りに調理して出してくれます(たぶん)。
きっとそれがいいのかもしれません。
芋煮もお店でいろいろ工夫を凝らしたものより、自分たちでつくった方が断然においしいですからね。
というわけで、そのうちまた小名浜の市場食堂に行きたいなぁ。
スポンサーサイト


いろいろ | 【2006-03-05(Sun) 20:50:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。