カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2006J2戦力分析9 山形編5GK論
戦力分析企画9回目。ゴールキーパー(GK)についてです。
今シーズンは桜井と清水が正GKの座を激しく争うことになるかと思います。
昨シーズン、桜井は開幕からずっとゴールを守りつづけました。しかし昇格争いが終盤に近づいた第40節、彼は退場宣告を受け、定位置を譲ることになります。
彼に代わってゴールを守ったのは清水健太。シーズン途中でレンタル加入したGKです。清水は初めて得たチャンスで好セーブを連発し、一気にベンチの信頼とサポーターの心を掴みます。
欠場明けの桜井はケガをしたわけでも、調子が悪いわけでもないのに、ピッチの外から清水の活躍を眺めているしかありませんでした。最後まで清水はスタメンに名を連ねます。

そして今年。監督が代わりました。過去の実績は一切顧みられません。両者の実力は拮抗しています。監督の信頼を勝ち取ったものが開幕のピッチに立つことができます。
しかしそれで彼らの戦いは終わりではありません。気を抜いたその瞬間にライバルは今彼のたつゴールマウスに、彼に代わって立つことになります。

そして久々の高卒GK鈴木雄太も、二人の競争の刺激と、南コーチのしごき(『Rush』45参照)によって大きく成長することが期待されます。

レベルの高い正GK争いが見られそうです。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2006-03-01(Wed) 22:06:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。