カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2006J2戦力分析7 山形編3DF論
 山形編3です。今回はDFについて。今回も私見による適性表を掲げます。あくまで私見であることを強調しておきます。

DF      左SB 右SB  CB  リベロ
2 太田雅之   ○  ◎  ○   
3 レオナルド        ◎   
4 小原章吾   △  △  ◎   
5 渡辺匠          △  ◎
13内山俊彦   ◎     ○   
16臼井幸平      ◎  ×   
17木村 誠   ○  ○  ×   
26木藤健太   ◎     ×   

 樋口監督はシステムは選手の特徴を見極めた上で、去年の良いところは残すという方針のようです。となると、今期SB(サイドバック)を二人獲得しましたし(木村・木藤)、昨年堅い守備を見せたシステムをあえて崩す必要もありませんから4バックが濃厚のようです。
 そこで、既に各所で心配されるているように、センターバック(CB)の層の薄さが気になります。現在CBを本職とするのはレオナルドと小原章吾しかいません。渡辺匠はDFができるとは言っても、4バックのCBというより本来は3バックのリベロですし、最近CBでの出場が多い太田ももとはSBが専門です。練習生のドグラス(羽黒高校在籍)のキャンプ帯同が話題になっていますが、彼を獲得したとしてもそれでも十分とはいえません。
 できれば二人のバックアップとなることはもちろん、彼らの危機感を煽り立てるようなプレイヤーの獲得が望まれます。
 昨年のCBははじめ小林久晃(現神戸)とレオナルドがレギュラーでした。それが10節ころから小原章吾がこの中に割ってはいり、レオナルドがやや試合から外れるようになります。しかしここでレオナルドが奮起し、今度は小林が控えにまわることが多くなりました。中盤から終盤にかけては小原-レオナルドのラインが基本となっていたようです。互いに競い合ったことで小原の成長、レオナルドの成長が見られ、結果として強固なDFラインを形成できたといえるでしょう。
 その意味でも、もうしばらくして開幕を迎え各チームの大体のレギュラーが固まったころ、レンタル移籍でもいいので所属クラブで出番のない若いCBを加入させて、チーム全体の活性化を図りたいものです。
 次にサイドバック(SB)についてです。SBは今年左右とも一人ずつ獲得しました。昨年は左SBが内山、右SBは臼井がほとんどの試合に出場したのですが、彼らの不在時(警告累積、けが)のSBの人選に苦労しました。CBの小原を左右SBで使ったりするなど、選手層の薄さは否めませんでした。ですが、こ今年は右に木村誠(川崎→)、左に木藤健太(福岡→)とスペシャリストを獲得しました。木村は川崎では3バックの左右のサイドハーフの選手でしたが、これはシステム上SBがいないため。本人も意識はDFといってますので(『Rush』44号、2006年)、守備意識の高い選手であることがうかがえます。全く正反対の超攻撃的な右SB臼井幸平との争いは見ものです。
 左SBの内山は従来はタイトな守備を武器にボランチやCBなどを主に担当していましたが、最近になって実は左利きだったと自覚したそうで(数年前のタウン情報誌より)、最新の選手名鑑をみても利き足が「左」(『サカマガ』06年版、)「両足」(『サカダイ』06年版)となっています。ちなみに99年版の山形オフィシャルハンドブックには内山はしっかりと「右」となっています(オフィシャルや名鑑ではこれしか確認できませんでした)。常に進化を続ける男です。
 そんなこんなで、内山はこの2年は不動の左SBです。ハードな守備はそのままに、しばしば見せる積極的なオーバーラップはスタジアムを熱狂の渦に引き込みます。特に高橋健二や永井篤志とのコンビネーションが抜群で、中盤でいったん彼らにボールを預け、その間にスルスルとサイドを駆け上がり、仕掛け、中に切れ込んでいく姿は、見るものを一瞬にして虜にします。ある意味山形で一番ハラハラドキドキさせてくれる選手かもしれません。
 …おっと、内山を語る企画ではありませんでした。この内山も警告の多い選手ですので、バックアップという意味でも、もちろん競争という意味でもいい補強ができたのではないでしょうか。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2006-02-22(Wed) 22:25:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。