カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2008J2第3節vsFC岐阜@ベスパ0320
記念すべき、待ちに待ったホーム開幕。

山形3-岐阜5
 得点者
[11分]高木 和正(岐阜)
[15分]豊田 陽平(山形)
[18分]渡辺 匠(山形)
[26分]片山 真人(岐阜)
[44分]片山 真人(岐阜)
[46分]高木 和正(岐阜)
[83分]菅 和範(岐阜)
[89分]レオナルド(山形)

はじめの失点は事故みたいなものだと思っていました。
「まあ、よくあるよね。次には修正できるよね」と。

ただそこから山形が早い時間帯で逆転してしまったので、修正の機会もなく、失点の反省もないまま試合を続けざるをえなくなりました。

後半はじめからCBを石井からレオナルドに代えても失点が続いたということは、なんらかの致命的な欠陥があったということでしょう。

試合後の岐阜の松永英機監督のコメントに次のようにあります。
「クロスに対する対応も、ひとつ山形の弱い部分かなと分析していたので、そこはひとつ、狙いのポイントでした」
「右にこだわらず、高い位置、深い位置から攻めるというのは、ひとつの狙いでした」(J's GOAL)

結局最後まで相手の高い位置からクロスを上げられ続けて失点を重ね、修正も反省もないまま終わってしまったわけです。

山形の小林監督もハーフタイムには指示を出したとは思うのですが、選手に気持ちが入らなかったようにも見えます。
山形が2点をとって逆転した段階で、選手はどこか安心(というか慢心)したところがなかったのか。
すくなくともサポ席では楽勝ムードが漂いました。

得るべき教訓の多い試合になりそうです。
チームにもサポにも。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2008-03-21(Fri) 10:43:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。