カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2007J2第44節vs仙台@ユアスタ10.10
今季最後の仙台戦。
両チームとも決めてを欠いた展開。
山形はボールを奪っても、サイドに開くまでが精一杯。
仙台はロングボールでDFのウラを狙ってくるものの、こととごとく山形DFがクリア。
膠着したまま前半終了。

後半早々に山形は攻勢をかけ、MF佐々木の惜しいシュートなど得点の香りが漂う。

しかし先制点はCKからの仙台DF岡山の打点の高いヘディング。
レンタル移籍後初得点を決めた後の岡山は、バックスタンドの仙台サポに向けて諸手を上げて、踊りながら喜びを表現。仙台サポを大いに盛り上げていた。

その後試合はまた膠着状態へ。
試合が動き始めたのが、山形MF財前の投入から。
交代するのはそれまで中盤左サイドで奮闘していたMF宮沢。財前は仙台のコアサポが陣取るサイドへと送りこまれた。
仙台サポは、かつての自チームの10番がライバルチームの一員として登場したことに対し嵐のようなブーイングを浴びせかける。財前はそれに対しては何事もなかったように、淡々とプレーしているように見えた。

ただしそう見えるのは態度だけで、そのプレーは他を圧倒するだけの迫力があった。彼が彼のためにゲームメイクをしている感があった。


後半ロスタイムのPKの場面。
財前はゴール後、山形サポに過剰なパフォーマンスをすることはなかった。
仙台サポに向けてアピールすることもしなかった。
彼の複雑な心境をうかがわせる。
本人によれば「最後のPKはあの時間でユアスタの雰囲気だったから蹴りずらかったよ(*_*) 外したら山形住めなかったね(^_^;) 」ということで、安堵の気持ちを表しているが、それだけだろうか。

彼はポジションに戻りながら、表情を変えることなく右手で自分の胸を二度叩いていた。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2007-10-14(Sun) 09:14:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。