カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
夏の甲子園・日大山形-常葉菊川
気持ちについて書いているうちに、2回戦の日大山形-常葉菊川戦を思い出した。

目標「日本一」を掲げる日大山形は、抽選会で春センバツ優勝校の常葉菊川との対戦が決まっても臆することなく、むしろ楽しみという声があったという。

これは非常に頼もしかった。

ただし、試合は序盤から常葉菊川ペースで進んで、日大山形が圧倒的に劣勢のまま終盤へ差し掛かる。終盤になっても常葉菊川は日大山形のエースを攻めたてる。

ランナー三塁。
この場面で日大山形のエースは暴投。

猛然とダッシュする三塁ランナー。
呆然とマウンドで見送るエース。
ランナーは無人のホームに悠々とホームイン。

これは完全にダメだな、と思った。

暴投の後にピッチャーが本塁へカバーに行かない。
初歩的なミスであり、怠慢であり、気持ちが切れている証拠だと思った。

圧倒的に劣勢だった。
エースは打たれるし、打撃陣は打てないし。
その上気持ちまで切れている。
完全にダメだな、と思った。

「日本一」を目標に掲げるチームならば、そのような姿を見せてほしくなかった。
大差で負けたことよりも、気持ちが入っていなかったことが残念でならない。
スポンサーサイト


いろいろ | 【2007-08-23(Thu) 13:30:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。