カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2006J2戦力分析1 柏・東京V・神戸
 今期の戦力分析をしてみたいと思います。現実は絶対にこの通りには行かないでしょうが、今ある情報であれこれ考えをめぐらせてみるのは楽しいものです。情報が客観的に処理されれば、高度な知的遊戯とも言いうると思っています。そう言えないのは、どうしても自チームをひいき目に見てしまいがちだからです。私が中・高校生の時、授業中はずっと来期(!)の阪神のオーダーを考えていました。もちろん、成長・期待値込みです。考えているとおりにいけば、毎年毎年阪神は若手が育ってぶっちぎりで優勝していたはずですが、毎年毎年期待とはうらはらに下位に沈んでいたものでした。ですからいつも「来期」のオーダーを考えていたんですね。
 閑話休題。
 以下、今年のJ2リーグ所属のクラブについて、勝手に戦力分析を行います。まあ、分析というよりは単なる各クラブのアラ探しになるような気がします。どうすれば山形が昇格できるのか。まずは山形が強ければよいのですが、絶対的な力はありません。次に他クラブがそんなに強くなければ可能性は高くなる。だったら各クラブの、悪いところ、ダメになりそうなところを見つけて、精神的な安らぎを得よう!これがこの戦力分析の主な目的です。
 さて選手のレベルからすれば、おそらくJ1から降格してきた3チームにはJ2リーグで戦ううえでの必要な戦力は保持しているはずです。しかし、その3チームにはJ2の長丁場の経験はありません。しかもいずれも監督が交替し、戦力にも少なからず入替えがあるようです。ここは監督の手腕が問われるところでしょうか。
 となると石崎さん率いる柏はいいチームを作ってくると思われます。
 石崎さんには99年に山形から大分へ移ってその年にいきなり昇格争いをした経験があります。川崎の監督に就任した01年はシーズン途中からということもあり昇格には絡めませんでした。翌02・03年も川崎は常に上位争いをしていたのですが、それぞれ4位・3位と昇格を果たせず、03年には川崎を去ることになります。こと昇格に関しては縁の薄い監督ではありますが、そのフィジカルを中心にしたチーム作りと、相手の良さを徹底的に消す戦術は見事なものがあります。その戦術に外国人選手を含めて、選手がうまく適応できればかなりの成績をあげることができるのではないでしょうか。
 神戸については、よくわからないというのが実情です。有力選手はあまり移籍せず、主力の大半は残ったとは聞くのですが、よくわかりません。監督はバクスターさん。実績のある監督ですからこれもいいチームに仕上げてくるかと思われます。ただこのチームには「金は出さないけど口は出す」という一番困ったタイプのオーナーがいます。ちょっと成績が悪くなってきたときに、ちょこまか口や手をだすようだと、現場が混乱しかねません。
 最後に東京ヴェルディについて。監督のラモスさんは気持ちを前面に押し出す方です。気持ちを前面に出すことは確かに重要です。ですがそればかりでは、どうにもなりませんし、ましてや事態を複雑にする恐れさえはらんでいます。
 彼は就任会見で「「J1でやりたい選手はすぐに出してほしい」と述べました。これは、移籍を考えている選手へ対しての「おまえたちの残留を信じている」というメッセージだと考えられます。ですが、主力の何人かが移籍を志願しはじめるとラモス氏は彼らの慰留に努めたとき聞きます。これは選手に不信感を抱かせるのではないでしょうか。チームとしてまとまることができるかできないかで今期の成績は左右されそうです。
 そしてヴェルディはACLへの参加権を得て、J2リーグとのACLの二足のわらじをはくことになります。その過密さは日程表を見ただけでも逃げ出したくなります。では選手層は?といえば多くの主力を放出したにもかかわらず、それほど目立った選手獲得はないようです。
 話題性を重視する親会社の方針とともに行く末がちょっと心配です。まあ余計なお世話ですね。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2006-02-11(Sat) 15:46:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。