カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2007J2第5節vs札幌@NDスタ0325
今期ホーム初観戦。

感想:つまんない。

相手の両SBがほとんど上がってこない。
一旦ボールを下げたり、手数をかけると、相手が守備陣を整備しなおしてボールを出すスペースがない。
ロングボール主体で攻めてくる。

でもそんなことはわかっていたはずで、J2にはそんなチームが多いこともわかっているはず。でもそれに対する適切な対応が取れなかった。

その原因はいろいろあるのだろうけど、山形の選手の消極性が関係している気がします。
後半に臼井が入った直後は、攻撃が急激に活性化しました。
それは臼井がとにかく動いてボールに絡んで前を向いてプレーしていたからだと思います。
動けばチャンスになる。
では何で山形の選手は動かなかったのか。
動けなかったのか。
どちらでもいいですが、つまらない理由はここにあります。

それに輪をかけてつまらなくしたのが、主審の厳しいジャッジです。
初のJでの主審だそうですが、必要以上にホームアドバンテージを取らぬように努め過ぎたように感じます。

主審に対しても全体的なレベルアップを望みたいのですが、ジャッジされる側の意識も変えなくてはならないようです。もう主審はいつも公平で客観的なジャッジをしてくれる存在だとは考えないほうがいいかもしれません。
ただこれは主審不信というような意味合いではなくて、主審の特性に合わせたプレーを心がける必要がある、ということです。

流す主審の時にはちょっと大胆に。
神経質な主審の時にはこころもち繊細めに。
初めての主審の時にはシンプルにわかりやすく。

なんてプレーの使い分けができれば、ちょっと大人なチームな感じがします。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2007-03-26(Mon) 22:06:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。