カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2007 J2 戦力分析その5 徳島・愛媛
開幕直前にはじめた各クラブの戦力分析を、開幕までに終わらすことができませんでした。開幕してからの分析となると、後だしジャンケンみたいなものだなー、と思いながらアップをぐずぐずしていたらそろそろ開幕から一ヶ月。途中でやめるのも中途半端ですから一応アップ。

2007 J2 戦力分析その5 徳島・愛媛
<徳島>
 J1初年度のようなイキのいいサッカーが見られなかった06年シーズン。DFラインが完全に崩壊して92失点はJ2ワースト。あわせて得点はこちらもワーストの43点。原因はどこにあるのかははっきりとはわかりませんが、世代交代を意識的に進めているからかもしれません。一昨年の守備陣を支えたMF秋葉が草津へシーズン中へ移籍し、MF伊藤彰が出場機会を失ったまま引退、同じく初年度開幕の仙台戦でスーパーゴールを見せたMF大場もチームを離れるようです。それにGK高橋もまだまだやれる年齢なのに移籍リスト入りです(S新潟移籍)。ただしこのチームにはMF片岡という核がありますから、彼を軸にいかにメンバーを組み立てられるかが勝負になりそうです。

<愛媛>
 J2昇格の06年シーズンにイキのいい活躍を見せた愛媛。支えたのは豊富な運動量。その運動量をベースにして自ら仕掛けるアグレッシブなサッカーを志向しています。それを体現するのは若くてイキのいいレンタル選手たち。瀬戸内海を挟んで対岸の広島から有望な選手をレンタルし、試合で使うことによって、チーム力は向上し、選手も大きく成長を遂げました。なかでもMF高萩は成長を認められ、今期広島へと復帰しました。今期は広島に加えて浦和からも若い選手をレンタルしています。クラブの方針として、レンタルで若く才能のある選手を借りて中心に据えるという方針があるのかもしれません。毎年核が抜ける可能性はありますが、そういう育成型のクラブがあってもいいと思います。今年は昇格二年目で、初年度よりもモチベーションが下がる可能性があります。そこを新戦力で打破できるか、埋没してしまうか。見物です。
スポンサーサイト


モンテディオ山形 | 【2007-03-26(Mon) 21:49:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。