カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
皇室典範改正について
 先日、秋篠宮妃紀子さんの第3子の懐妊が発表されました。
 現在開催中の国会では、長子優先の女系・女性天皇を認める皇室典範改正案が提出されるところでした。
 もし可決されれば、皇位継承順位が1位・皇太子、2位・敬宮(愛子さん)と決まってしまい、この産まれてくる子の性別は特に問題にはなりません。ですが、まだ法案は提出も可決もされておらず、男系・男子優先の現皇室典範がいまだ有効です。ですから、産まれてくる子がもし男子ならば、彼の皇位継承順位は1位・皇太子、2位・秋篠宮についで第3位となります。
 また、現在検討されている改正案は成立しない可能性が高いと思われます。改正案では、男女にかかわりなく長子が優先されるからです。つまりこれまでの議論は、皇太子の長子である敬宮内親王(愛子さん)を天皇とすべく皇室典範を改変しようとしていました。これには皇太子にも秋篠宮にももう子供はできないという暗黙の了解があったと思われます。ですが、もし男子が誕生すれば、これまでの男系・男子即位の原則を改変する必要がなくなるからです。
 このように仮に男子の誕生があれば、今後の皇室典範は大きく変更を加える必要がありません。となれば、現皇室典範は修正の必要がないのか、といえばそうではないでしょう。
 というのは、これは単に問題を先送りにしただけに過ぎないからです。仮に、皇位が皇太子━秋篠宮━男子と継承されたとして、その誕生した男子の次代の天皇には誰が即位するのか。
 彼に男子が生まれれるとは限りません。一夫一婦制を採用する以上、また社会全体の出生率が2人を切っている以上(皇室といえども社会の趨勢と無関係ではありえない)、後継者たるべき男子の誕生は確実なものではありません。
 男子・男系を優先させる限りこの問題はいつまでたっても解決しません。
 ではやはり今国会で提出されようとした女系・女子を容認した長子優先の改正案を採用するのがよいのか、といえばそうとも思いません。
 なぜなら、「長子優先」というの項目が時代に合わないからです。もはや、長男だから家を継がなくてはならない、長女だから親の面倒を見なくてはならない、という時代ではありません。女系・女子の容認は、男女平等化の考えに基づいた、今の時代に即した考え方です。
 とするならば、時代にそぐわない長子優先規定もさらに修正が必要になると考えます。
 これまでは、敬宮を皇位に即けるべく、法案を用意してきました。
 ですが、今回また考える時間が伸びました。生まれてくる子が男子であっても、女子であっても、皇室典範に関してはもう少しいろいろな可能性を議論しなくてはならないし、無理やりに決めることでもないと思います。
スポンサーサイト


今日の一ネタ(原稿) | 【2006-02-09(Thu) 16:28:20】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
こんにちは、http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/でブログが紹介されていましたよ!また見に来てもいいですか?
2006-02-11 土 04:05:41 | URL | マナ #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。