カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
タダ券の功罪
今日の観客は14392人。
この中には、敬老の日の「チケット一枚で家族タダ」企画に乗った人がかなり多いと思う。
そして、三失点の直後から南バックからゾロゾロ帰り始めた人たちにもこの企画に乗った人たちが多いのではなかろうか。
南バックが今日一番最後に埋まった席であり、今日一番最初に客が帰り始めた席でもある。
つまり南バックには今日の試合に対する意識が低い人たちが数多く集まったといえる(もちろんそうじゃない人もいる)。
なぜ意識が低いのか。それはやはり身銭を切らないからだと思う。

…ふと次の話を思い出した。
(嘉門)講演会を1.2回無料でやってみましたが、だめですね。…タダの講演会だということで途中から入るでしょう。話の途中からだから、わからない、おもしろくないから、がやがやと出て行く。これは講師に対しても、聞いている人に対しても失礼にあたります。

(梅棹)なんでも、タダはだめです。
  嘉門…嘉門安雄(ブリヂストン美術館館長・当時)、梅棹…梅棹忠夫(国立民族学博物館館長・当時)
  梅棹忠夫編『博物館と美術館』(中公新書、1981年)

講演会=試合、講師=プレイヤー、聞いている人=観客
と考えれば全く同じことが問題になっている。

観客増を考えればタダ券は非常に有効な手段。
でもそれは見る者から真剣さを失わせてしまいかねない。

単にバラまけばいいというものでもない。
新規さんをうまく取り込みつつ、リピーターになってもらうには…。
どうすればいいのだろう?

スポンサーサイト
モンテディオ山形 | 【2008-09-15(Mon) 00:40:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008J2第35節vs.広島@NDスタ0914
広島戦。
完敗。
試合に関しては特に何もいうことはない。

試合後、拍手はしなかった。
拍手は「よくやった」という意思表示。
今日拍手をするのは選手に失礼だから。

今日、1万人以上の観客の前でプレーしたいという選手の願いにクラブ・サポーターは応えた。
次は、選手がクラブ・サポーターの願いに応える番だ。


モンテディオ山形 | 【2008-09-15(Mon) 00:00:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「モンテディオ山形データ集」ひっそりと更新
モンテディオ山形データ集をひっそりと更新。
画面左下「Data」からも入れます。

本来ならシーズンインと同時に更新すべきところ。
今まで放置していたのは…HPのアップロード法を忘れていたから(笑)

今季の選手の獲得はおそらく馬場選手まで。
人間、最後が見えると俄然やる気がでるものです(笑)

ということで、データをひっそりと更新。

変更点は

・選手名鑑一覧
 ・「選手在籍年表」を削除 →横に長くなるため
 ・「Name」を表記     →上を削除したらスペースが余ったため(…)

ひきつづき、記述の誤り等ありましたらコメントいただけると幸いです。

しかし、これ見るとネモの在籍年数が飛びぬけている。
ネモの次はマサルさん。そしてレオナルド。
ちょっと意外…。


モンテディオ山形 | 【2008-09-11(Thu) 19:05:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
覚悟
2008年9月2日。
海保理事長が覚悟を決めた。

できれば選手にプレッシャーをかけないで普段通りにプレーさせたい、とも思う。

しかしクラブのトップがこれから最終節までの約100日間プレッシャーを引き受ける覚悟を決めたのだ。

ならばサポーターも覚悟しよう。
ここから続く「辛く長い道程をプレッシャーという魔物と手を繋いで歩」※いていくことを。

楽しもう。
胃の痛くなる毎日を送ることのできる幸せを。

見届けよう。
モンテディオ山形の歴史的1ページを。

そして信じよう。
最終節NDスタが20000人の笑顔で埋め尽くされることを。






※「辛く長いプレッシャーという魔物との道程」という表現はベガルタ仙台・岡山一成選手の表現(Okayama Kazunari Blog,2008/8/30「昇格争い」)を拝借。文学的!


モンテディオ山形 | 【2008-09-02(Tue) 22:59:51】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
(保存用)2008.9.2.海保理事長声明
J1昇格が見えてきた!
「モンテディオ山形サポーターの皆様」へのお願い!

(2008.9.2.)

理事長 海保 宣生

第33節の横浜FC戦に快勝して、いよいよ悲願のJ1昇格が現実に近付いてきました!

思い返せば、モンテにとってゲームが無かった8月初旬に、2泊3日のミニキャンプを実施した昨年とガラリと変えて、敢えて4日間のオフを選手達に与えた監督の決断に期待を持って注目していましたが、何と8月を「負け無しの3勝1分」で乗り切りました。(昨年は勝ち無しの1分4敗)

その結果現在、勝点57で3位湘南と6点差、の2位を確保しています。

とは言え9月は、好調草津戦(7日)、首位広島戦(14日)、強力外国籍選手を補強したC大阪戦(20日)、そしてモンテ同様にJ1昇格を目指す鳥栖戦(23日)と手強い強豪チームとの対戦が続きます。

そこで、サポーターの皆様への提案とお願いです!
闘う選手達を後押しする為にホームスタジアムに多くのサポーターやファンを動員しようではありませんか!   
残りのホームゲーム6試合(別掲)を出来れば満員に、少なくとも全試合10,000人/試合以上の動員を目標にしませんか!

そして選手達を後押ししながら、共に闘うんです!

我々の夢や期待とは別に、今シーズンの結末はどうなるか分かりません。
しかし、残り11試合は「モンテディオ山形」の歴史的1ページになる事だけは間違いありません!
Jリーグ参入10年目の貴重な歴史の1ページを、多くの山形県人と共に目撃しようではありませんか!

フロントも、これまで経験した事のない観客動員策に試行錯誤しながら取り組んでおります。この経験は将来必ずや形となって実を結ぶ事を確信しております。

サポーターの皆様には残り6試合となったホームゲームに、「お一人につき5人以上のファン(出来れば初めて観戦する人!)を誘い合わせて!」スタジアムにお越し頂く事を期待しております。

来シーズンJ1で闘う為にも是非実現しておかなくてはならないと考えておりますので、ご協力を切にお願い致します。

以上

(ホームゲーム日程)

* 9月14日(日)16:00vs広島
* 9月23日(火・祝)16:00vs鳥栖
* 10月5日(日)13:00vs福岡
* 10月26日(日)13:00vs湘南
* 11月23日(日)13:00vs熊本
* 12月6日(土)12:00vs水戸

モンテディオ山形 | 【2008-09-02(Tue) 22:58:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。