カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
山形国際ドキュメンタリー映画祭2007
10月11日で山形国際ドキュメンタリー映画祭2007が閉幕しました。
運営主体が山形市からNPO法人へと移行してから初の映画祭ということになります。
この移行については、財政難による文化行政の切捨てという側面が大きいようで、なんとも残念な話でありますが、継続して開催できる道が残ったことはよしとしなければなりません。こういった文化的事業は継続することに意味がありますから。

さて、スタッフをしている友人にオススメの映画を聞いたところ、「ミスターピリペンコと潜水艦」というウクライナを舞台にした作品がよいと聞いて、ちょうど予定が空いていることを確認して見に行きました。

まず目を引いたのが、ウクライナの小麦畑であり、家庭の料理であり、いついかなるときでもウオッカを持参する人々の姿。

ウクライナは小麦の栽培が盛んで…、とかつて習ったことを思い出したり、以前食べたロシア料理との共通点を見出したり、ロシア人=ウオッカというイメージから、(ロシア人=スラブ人=ウクライナ人)=ウオッカという図式に拡大させたりと大いに刺激をうけました。

内容は年金ぐらしの男が潜水艦を作って黒海で潜行するために奮闘する、というもの。
頼りは30年も前の雑誌にのった「潜水艦のつくり方」みたいな特集記事。
材料も年金生活では満足には揃えられない。
家族にも呆れられている。
それでも、やっぱり造りたい。
まあこれが男のロマンというものです。

内容に触れるのが主眼ではないので、これほどにしておきます。
内容は非常に満足しています。映画祭でも市民賞を受賞したようです。

問題としたいのは、第一に観客の少なさです。
公演自体は二回目で、加えて平日の午前だけど、席がガラガラの状態。

第二に市民の関心の薄さです。
街もいつもに比べてちょっと人手はあるかな、と感じる程度。
街全体に「映画祭をバックアップしよう」、あるいは言葉は悪いですが「映画祭を契機に一儲けしてやろう」というような気概がまったく感じられないこと。

映画祭期間中に毎日発行しているらしい「デイリー・ニュース」№6(10/9版)の巻頭記事(「山形:<次回に続く>か?」)には「山形映画祭はほとんど奇跡の領域に属していることをご存知だろうか?」という問いかけがあります。

「山形映画祭」を「モンテディオ」に代えるだけで、抱える問題はピタリと重なります。

県民性だから、などと言ってもしょうがないので言いません。
何か突破口はあるはず。

どう仕掛けるといいのか。
お互い考えていければいいのですが。
うーん、どうしたらいいんだろうか。

スポンサーサイト
いろいろ | 【2007-10-18(Thu) 21:20:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007J2第44節vs仙台@ユアスタ10.10
今季最後の仙台戦。
両チームとも決めてを欠いた展開。
山形はボールを奪っても、サイドに開くまでが精一杯。
仙台はロングボールでDFのウラを狙ってくるものの、こととごとく山形DFがクリア。
膠着したまま前半終了。

後半早々に山形は攻勢をかけ、MF佐々木の惜しいシュートなど得点の香りが漂う。

しかし先制点はCKからの仙台DF岡山の打点の高いヘディング。
レンタル移籍後初得点を決めた後の岡山は、バックスタンドの仙台サポに向けて諸手を上げて、踊りながら喜びを表現。仙台サポを大いに盛り上げていた。

その後試合はまた膠着状態へ。
試合が動き始めたのが、山形MF財前の投入から。
交代するのはそれまで中盤左サイドで奮闘していたMF宮沢。財前は仙台のコアサポが陣取るサイドへと送りこまれた。
仙台サポは、かつての自チームの10番がライバルチームの一員として登場したことに対し嵐のようなブーイングを浴びせかける。財前はそれに対しては何事もなかったように、淡々とプレーしているように見えた。

ただしそう見えるのは態度だけで、そのプレーは他を圧倒するだけの迫力があった。彼が彼のためにゲームメイクをしている感があった。


後半ロスタイムのPKの場面。
財前はゴール後、山形サポに過剰なパフォーマンスをすることはなかった。
仙台サポに向けてアピールすることもしなかった。
彼の複雑な心境をうかがわせる。
本人によれば「最後のPKはあの時間でユアスタの雰囲気だったから蹴りずらかったよ(*_*) 外したら山形住めなかったね(^_^;) 」ということで、安堵の気持ちを表しているが、それだけだろうか。

彼はポジションに戻りながら、表情を変えることなく右手で自分の胸を二度叩いていた。


モンテディオ山形 | 【2007-10-14(Sun) 09:14:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。