カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
大鍋宣隊イモニレンジャー

日本一の芋煮会活性化担う~大鍋宣隊イモニレンジャー登場(山形新聞2007年6月24日(日))
山形の秋の風物詩「日本一の芋煮会フェスティバル」の活性化を担うニューヒーローが誕生した。その名も「大鍋宣隊イモニレンジャー」。今後、アクションショーなどを通じて話題を振りまき、フェスティバルの盛り上げに一役買う。
ニューヒーローはイモニレッドとイモニグリーン、イモニイエロー、イモニピンクの4人組。ごみのポイ捨てなどで環境を汚す自然破壊結社のボス「ポイポイダー」と決着をつけるため、フェスティバルのマスコットキャラクター「芋煮マン」が芋煮の必須アイテムでもある牛肉と長ねぎ、こんにゃく、サトイモを食べて変身するという設定だ。


悪くない企画だと思います。
今、日本各地でローカルヒーローが誕生し、地域の平和のために(?)戦っています。


既存のローカルキャラクターである芋煮マンが、新しいローカルキャラクターであるイモニレッドに変身するという設定は、なかなか贅沢です。
「大鍋宣隊」というのも何を目的にしているかがひと目でわかってよいネーミングです。

まあ、
イモニレンジャーになると容姿が単なる戦隊モノになって没個性的であるとか、
戦隊モノは5人ないし3人が定番なのに、4人は中途半端とか、
何で一介の芋煮である芋煮マンが変身してまで環境破壊と戦わなければならないのかとか、
いろいろ突っ込みどころはあるのですが、一番気になるのはレッド以外の3人(ピンク、グリーン、イエロー)は誰が変身するのか、という点。
レッド=芋煮マンはいいとして、そのほかの3人にも変身前の姿があるはずです。
それが気になります。考案者は何も考えなかったのでしょうか。

…いろいろ妄想したあげく、だんだん考案者の意図が読めてきました。
きっと彼ら3人の素性はこれからだんだんと明らかにしていくつもりなのでしょう。
ポイントは色です。
まずピンクは芋煮マンのパートナーであるさとみちゃんが変身することは疑いないでしょう。彼女はピンクを着てますし、芋煮マンだけが変身していつも一緒のさとみちゃんだけが変身しないのはちょっと考えづらいところです。
次にイエローはわれらがディーオでしょう。黄色でヒーローで山形関係者といえば、彼しかいません。
緑は少し悩みましたが、緑のキャラクターといえば、彼しかいません。Mr.ピッチ。イモニグリーンに変身したMr.ピッチはやや(かなり)ほっそりした感じがしますが、芋煮マンがイモニレッドに変身するという無茶の前では、もう何でもありでしょう。

ここまでくれば宣隊が4人と通例の5人に1人欠ける理由も想像できます。残る定番の色はブルーです。ブルーで山形のキャラクターといえば、
モンテス
しかありえません。
ではなぜ、現段階でブルーが欠けているのか。
それはモンテス級の着ぐるみが用意できない、この一点に尽きると思います。
ブルーの変身前の姿を舞台で披露するとなると相当でかい着ぐるみが必要になります。その都合がまだつかないから、ブルーは公開できないのでしょう。

…なんと壮大なスケールなのか。
次の展開が楽しみです。

スポンサーサイト
いろいろ | 【2007-06-24(Sun) 23:42:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
鈴木健太郎、引退
何があったのかはわからないけど、あまりにも突然の引退宣言。
山形在籍時には、全体練習が終わったあと最後まで練習場に残っている選手として、またそのままずばり「練習の虫」としてよく話題に上っていました。
その彼がシーズン途中で引退を表明するのですから、何かあったのでしょうけどあまりそこに興味はありません。

鈴木健太郎は、柱谷監督就任初年度(2001年)に湘南から移籍し、その年の開幕から左SBのレギュラーを確保します。同じ年に移籍してきた左MF佐藤悠介と組んでのサイドアタックは「豪快」そのもの。悠介がドリブルを開始しただけで、健太郎が猛然と上がり始めただけで会場が沸いたのを思い出します。現在でもサイドアタックは山形の大きな攻撃の特徴ですが、その基礎を確立したのが2001~2002年の佐藤悠介-鈴木健太郎の左サイドコンビだと思っています。それだけのインパクトを残しました。
2003年のシーズン前には、MF佐藤悠介のC大坂への移籍に伴い、鈴木健太郎がその穴を埋めるべくMFへコンバートがなされようとしていました。また3年目を迎える柱谷監督の意向で、心機一転背番号を一新するという方針のもと(思いつきでホイホイやるべきではなかった)、鈴木健太郎には6番が与えられました。6番は、前年までMF高橋健二のつけていた番号です(この年健二は7番に変更)。期待の表れとみてよいでしょう。ただし、鈴木健太郎はこの背番号6のユニフォームを着ることなく、キャンプ入り直前だというのに東京ヴェルディに完全移籍してしまいます。
その後についてはよく知りません。ただ移籍した各クラブでレギュラーポジションを獲得できなかったようで残念です。

もしあと100年後にも山形がサイドアタックを特徴とするチームであれば、その基礎を築いた最初期のサイドアタッカーとして名を記憶されていてもいい選手だと思います。

まずはお疲れ様

モンテディオ山形 | 【2007-06-20(Wed) 00:44:41】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2007J2第22節vsC大阪@長居
ナナビーンズで観戦。
試合内容は完全にこちらのもの。
セカンドボールを奪いたい放題。
でも勝てなかった。
まあ、流れの悪いときはそんなものかも

流れが悪いのは承知だけど、その流れを変えるプレーがほしかった。
ミドルシュート打つとか、サイドから一対一を仕掛けるとか、クロスに対して変なスルーなんかしないでダイレクトで打つとか。

失点シーンは、前がかりになったところをきれいにこちらの左サイドを破られて、ほぼフリーでクロスをあげられて、CB一歩前に出られて、Fw森島(でかい方)にズドン。

カウンターなんだから、CB間に合わないかもしれないんだから、SBが中途半端な位置にいてクロスをあげさせるのを遅らせることが出来なかったのが痛い。でもあれは相手の攻めが上手だったと認められる。

ともかく腹がたつのは、ゴール前でのあの変なスルー
なんだありゃ。

文字の装飾なんて、久々に使っちまったよ。

モンテディオ山形 | 【2007-06-17(Sun) 22:09:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007J2第21節vs水戸@NDスタ
スカパーにて観戦。
なんというか…、
まああれだけ運動量なくて、勝負しようとする意識がなくて、集中力も途切れ途切れなのに勝とうと思うのが間違い。

長いシーズン、上り調子があれば下り調子もある。
底を抜ければまた上向きになれる。
いつ抜け出せるかわからないけど、今はじっと我慢のとき。

モンテディオ山形 | 【2007-06-13(Wed) 22:43:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。