カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
評価の内と外
前節愛媛戦@愛媛。
2-2の引き分け。しかもロスタイムに追いつく展開に、巨大掲示板を中心として多くの批判というか非難というか中傷というかいろいろ寄せられています。
私は現場でも映像ででも試合を見ていません。ですから試合についてなんともいいようがありません。巨大掲示板の書き込みを見ているとチームの現状に悲観的な気分になってくるのですが、実際に戦った相手監督や選手のコメントや現地ライターの記事を確認するとまだまだ前向きに考えられます。
井上秀人選手(愛媛FC)
「前半に関しては、相手のポゼッション率が高く、こちらのサッカーができなかった。山形のトップ下をボランチでつかまなければいけなかったし、FWが相手のボランチのコースを切ることも出来なかった。後半は高い位置で奪うことも出来たと思う」

前半限定ですが、山形のポゼッション率が高かったと証言しています。後半に関しては、あまり語られていませんが、「後半は高い位置で奪うことできた」と言ってますので、ニュアンス的には「前半に比べて後半は愛媛もいいところがあった」というところでしょうか。ここからは後半も山形優位ながら愛媛もチャンスがあったことが推測されます。同様のニュアンスは山形MF・永井選手の「後半は少しプレスが甘かったし、取られ方が悪い場面あった」というコメントからもうかがえます。
井上選手のコメントでは巨大掲示板上でずいぶんとこき下ろされたボランチ(匠? 、匠&永井?)とトップ下(秋葉?、永井?)の動きのよさも指摘されています。
田中俊也選手(愛媛FC)
「今日の試合は相手にボールを回されてしまったが、ワンチャンスをものにすることは出来た」

ここでは全体的に山形優位で進んだことが言われています。ペースとしては、愛媛の選手も認めるように山形ペースだったのでしょう。ただしワンチャンスをものにされたことは反省しなくてはなりません。
試合レポートでも近藤義博氏が「90分の大局でゲームを支配したのは山形」と絶賛しています。
愛媛がこれまでのリアクションサッカーから一歩進めて、今目指しているのはポゼッションサッカー。それを前半からピッチ上で表現したのは山形だった。中盤での厳しいプレスと、ボールを保持した後のすばやい攻撃。「愛媛のディフェンスラインと中盤の間に起点を作り、愛媛が中に絞ったところでサイドバックが駆け上がる」という山形・樋口監督の狙い通りのゲーム内容が展開された。前半ロスタイム、サイド攻撃からMF秋葉のクロスにFW原が決めたゴールはその象徴的なシーン。ポゼッションをしながら数的優位を作り、スピードアップしてゴールを狙う。今日の山形のサッカーは、まさに望月監督が目指すサッカーで次々とチャンスをつくった。

近藤氏はおそらく山形における佐藤円氏のような存在で、これまでのホーム全試合のレポートを担当されている方(しかも熱心な愛媛サポーター)だと思われます。その方をして「今日の山形のサッカーは、まさに(愛媛の)望月監督が目指すサッカー」といわしめるのは、最大級の賛辞以外の何ものでもありません。
巨大掲示板のチーム別スレッド(内)と相手選手・ライター(外)との間ではだいぶ見方が違うようです。内側の人間が内側のことを評価することは非常に難しいことです。内側から見れば、どちらかというと厳しい評価を与えがちになります。ですが外から見たほうが客観性が高いことは間違いありません。外からはきちんと評価されているのですから、このことはきちんと踏まえなくてはなりません。結果が伴わないことはもちろん残念ですが、だからといってそのゲーム内容、ひいては練習方法、監督の資質、選手の能力などををなんでもかんでも過小評価する必要はまったくないように思われます。

スポンサーサイト
モンテディオ山形 | 【2006-09-28(Thu) 21:31:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
頭皮診断
最近髪を切りにいったら、切ってくれているあんちゃんが、頭の地肌を見ればその人の健康状態がわかる、というので試しに見てもらいました。
結果①肝機能が弱い
  ②食生活や生活が乱れている
  ③ストレスがたまっている
①についてはあまり否定できません。もともとあまり酒には強くないですから。
②についても当てはまります。夜にチャルメラだけの日が続いたりしていましたから。ただしワカメを山盛りにするとか、牛乳で作ってみるとか栄養バランスを取るためのそれなりの努力をしていたのですが、報われず残念。
③についてはこれは多分、最近声出しサポートをしてないからでしょう。生観戦は、8/26仙台戦が最後ですから。しかしそうだとすると、自分には声出し以外のストレス解消法がない、ということになります。それはそれで寂しいものです。
 自分では特にストレスをためているようには感じていなかったのですが、言われるとそんな気がしてきました。
 なかなか自分のことは自分では気づかないということですね。

いろいろ | 【2006-09-28(Thu) 21:25:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
使えるものは天皇家も使え
秋篠宮夫妻に男の子が生まれた朝、報道各局がいろんな人にコメントを求めていた。なかでも興味深かったのが、学習院(秋篠宮と紀子さんの母校)が所在し、紀子さんの出身地だという東京・目白の商店街の会長のコメント。
「男子誕生で多くの人が(紀子さんゆかりの)目白を訪れてくれた。これをきっかけに多くの人に商店街を訪れてほしい」
確かこんな感じだったと思う。

会長、あまりにもストレート過ぎますよ。


いろいろ | 【2006-09-10(Sun) 22:58:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
理不尽
今日1000にファミリーマートに並んだ。
仙台戦ビジ自購入できなかった。
786 Name: U-名無しさん [sage] Date: 2006/09/10(日) 20:42:51 ID: TN6Xa1+o0 Be:
チケ取れた
まわりみても取れなかった人いなかったみたいだな
理不尽だ。
あー理不尽だ。

モンテディオ山形 | 【2006-09-10(Sun) 22:23:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
なんて学習しない人々なんだろう
【日本代表中東遠征 現地練習(9/1)】練習後のオシム監督(日本代表)コメント[ J's GOAL ]より

Q1:到着後、すぐに練習した狙いは?
「時差調整だ。出発前から考えていたこと」

Q2:この練習内容に満足しているのか?
「…(首を振る)」
(通訳が「軽く練習をやって明日からばっちりという感じでしょう」と補足)

Q3:かなり暑いが、気候について感想は?
「感想を言ってよくなるならいいが、そうでないなら言わない」

Q4:真夜中の練習だったが?
「この時間は世界では昼間のところもある。ここが真夜中だからといって、真夜中に練習したとはいえない」

Q5:時差や暑さを含め、アウェーを感じたと思うが?
「与えられた条件の中でやるしかない」


Q1は聞かなくてはならない質問だとおもいます。到着後すぐの、しかも真夜中の練習は異例ですから。
ですが、その答えにオシムが「時差調整だ」と言っているのに、Q2で「練習内容に満足しているか」と聞くのは、Q1の答えをまったく踏まえていません。時差調整に満足も不満足もありません。Q4についても同様です。「時差調整」だから、夜にしているのです。
Q3は暑さ対策について聞きたかったのでしょうが、オシムは(わかっているのに)そこまで記者の意図を推し量った回答をしてくれません。
Q5については「アウェイを感じた」とどうだというのでしょうか。事実アウェイなんだから、別に聞かなくてもいいような質問です。
前任のジーコさんは記者の短い質問の意図を(勝手に)推し量り、長々とインタビューに答えてくれました。
でもそのやり方はオシムには通用しないらしいことはこれまでで明らかです。
人の話を聞くのにその人に合わせるのは礼儀だとおもうのですが、記者たちがオシムの質問への対応を学習していないのなら、それは礼儀知らずだということになりますね。

サッカー日本代表 | 【2006-09-01(Fri) 22:10:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やすくにじんじゃってなに?
 終戦の日の8/15日に小泉総理大臣が靖国神社にお参りしました。朝からその日一日はニュースでずっととりあげられていました。ではなぜこんなに問題になるのでしょうか。
 靖国神社には明治維新以来、国のために戦って死んだ軍人さんが神として祭られました。国も先の戦争中には「死んだら靖国神社で神になれる」言ってたくさんの兵隊さんを戦場に送りこみました。兵隊さんたちも戦地にいくときに、家族には「靖国に会いにきてくれ」、戦友には「靖国で会おう」といって別れていきました。
 ですから小泉総理大臣や安倍官房長官が「日本のために戦った人を参拝するのは当然」であり、彼らに「二度と戦争をしないとちかう」ために参拝するというのはとてもよいことのようにおもわれます。
 ではなぜ中国や韓国は小泉総理大臣が靖国神社をお参りするとなぜあれほど怒るのでしょうか。何に対して怒っているのかといえば、靖国神社には「A級戦犯」がまつられていて、それを日本国を代表する総理大臣がお参りすることに対して、です。
 「A級戦犯」というのは、戦争後に戦争の責任があるとされた当時の総理大臣や陸軍・海軍の大臣たちです。一国の指導者と軍隊の一番えらい人たちですから、当然責任は取らなくてはなりません。責任者は責任を取るためにいますから。
 この「A級戦犯」が神としてまつられている靖国神社を今の日本の総理大臣がお参りするということは、中国では「日本が中国を侵略した歴史を反省していない」というふうにみるのです。これももっともだとおもいます。
 靖国神社にお参りする小泉総理大臣も、それを批判する中国もそれぞれ言い分があります。どちらも正しいことをいっているようです。ですが、まったく話がかみ合っていません。小泉総理は靖国神社にまつられている神=一般の兵隊さん、という考えで話をしています。これに対して中国側は靖国神社にまつられている神=A級戦犯、という考えで話をしていますから。
 中国側は、A級戦犯をまつらなければ、総理大臣が靖国神社にお参りするのはかまわない、といいます。これに対して小泉総理は、中国が問題にする「靖国にA級戦犯がまつってあること」に正面から向き合いません。あくまで靖国の神は「日本のために戦った人々」という言い方をします。かみ合っていないのですから、解決もしようがありません。
 そもそも靖国神社には兵隊さんは神としてまつっていても、広島や長崎で原爆でなくなった人々や沖縄で米軍や日本軍に殺された人々や都市部への空襲でなくなった人たちはまつられていません。これらの人々には「二度と戦争をしないと誓う」必要はないのでしょうか。靖国神社で兵隊さんにだけに誓って、一般の人々には誓わないというのはヘンな話ですね。

今日の一ネタ(原稿) | 【2006-09-01(Fri) 22:06:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
日本の神
 日本の神はどこに住んでいるのか。神を祭る神社があるからといって、神が常に神社にいるわけではありません。神は遠い彼方に住んでいて、必要のあるときだけ神社にやってきます。必要があるときというのは、呼ばれたときです。だからこそ各地に○×八幡神社(祭神・ホンダワケ命)や△○稲荷神社(祭神・ウカノミタマ命)や△■天満宮(祭神・菅原道真)や×○東照宮(祭神・徳川家康)があってもいいのです。いつもはいないけど、呼べば来ますから。ある場所に祭られている神を他の場所でも祭ることを分祀といいます。特定の神社にいないですから、どこでまつってもいいわけです。
 さてでは、どうやって神を呼ぶのか。これは簡単です。賽銭箱にお金をちゃりーんと入れて、鈴をじゃらじゃら鳴らして神に気づいてもらうのです。賽銭は神を呼ぶためのインターホンみたいなものです。ですからいくらお札を投げ入れても、気づいてくれませんし、金額が多ければご利益があるというものでもありません。子供が鈴をジャラジャラ鳴らして親がたしなめるという光景も見受けられますが、神に気づいてもらうには大いにジャラジャラしていいのです。神社は神の出現ポイントといえそうです
 賽銭箱に硬貨を投げ入れて、鈴を鳴らして、それでもちゃんときてくれるのか不安であれば、宴会を催せばきっとやってきてくれます。日本の神々の中で最高位にあるアマテラス(天照)は、あるとき弟神の乱暴にスネて岩窟に引きこもってしまいます。アマテラスはその名の通り、光=太陽をつかさどり、彼女が引きこもると世間に日の光が差さなくなります。これに困惑した仲間の神達は一計を案じ、岩窟の周りで宴会をはじめます。まわりでどんちゃん騒ぎがはじまって、興が高じてストリップをはじめる神も現れます。岩窟の中にいるアマテラスは気になってしょうがありません。そっと岩戸を開けて様子を見たところ、待ってましたとばかりにその隙間をこじ開けられ引きずりだされます。最高位の神ですら大の宴会好きといえます。いわんや他の神々をや。この宴会好きの神々を精一杯もてなそうというのが、日本の祭りの趣旨といえます。
 こんな神が日本中あらゆるところに存在します。美しい山、清らかな川、巨大な石、天まで届く大木などなど。江戸時代の国学者・本居宣長は「すべてカミはすぐれてかしこきもの」と定義しました。つまりほかよりちょっとでも優れていれば、それはすなわち神と認められたのです。その意味では、他人が入手困難な情報をネット上に流してくれたり、貴重な映像をうPアップロードしてくれる人はやはり他人より「すぐれてかしこき」者といえます。ですから、そんな場合に、
 神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
というのは、やはり日本人の物の考え方や「神」語の用法の伝統に則した使い方だといえます。

今日の一ネタ(原稿) | 【2006-09-01(Fri) 22:03:15】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
5.履歴
2006.09.01 カテゴリーに「サッカー日本代表」を追加
2006.10.21 プラグインにData追加。

自分用取説 | 【2006-09-01(Fri) 21:36:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。