カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

樽<taru>

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
水戸・前田監督の分析の分析
 水戸戦。
 見事な攻撃と見事な守備でした。
 攻撃では、ボールを奪ってからすばやく相手の大勢が整わないままに攻めたカウンターからの得点は見事でした。
 守備では、これまで散々に突かれていた両サイドバックのウラをほとんど取らせなかったことは大いに評価できます。
 さて試合後、水戸の前田監督が試合後の記者会見で興味深いことを語っています。アウェイゲームの記者会見としては異例の長さだと思うのですが、何か思うところがあったのかもしれません。このコメントを参考にしながらいろいろ考えてみたいと思います。
 前田監督のコメントでまず驚いたのは、水戸が単に守りを固めるだけでなく、自ら攻める能動的なサッカーを模索し始めたということです。すなわち単に守って守ってカウンターで勝利を求めるのではなく、ポゼッションを高める必要を感じているようです。
 ただそのポゼッションサッカーは今のJ2ではなかなか通用しません。前田監督は「どのチームもそうですし、ヴェルティもそうですけれども、点を取りに行くというのは大変リスクがあって、確実にシュートまで持っていくっていうチームはJ2の中ではなかなかない。これができればJ1には行ける」と指摘しています。ベルディの例は前節まで山形・徳島と連敗したベルディのサッカーを指すのでしょう。J1仕様のポゼッション戦術で臨み、連敗したベルディを引用することで、目指すところの困難さを示唆します。
 次に山形の戦術に関しては「逆に山形のほうがしっかりと守って、それを点に結びつけた」と言います。また「(水戸は)上位チームにいい試合をする。相手が攻めてきてくれると、いいサッカーになる」、「(水戸は)愛媛とか草津とか下位のチームには負けている。(中略)守備が堅いチームにはなかなか点が取れない」とも言ってますから、前田監督は、この試合の山形のサッカーをかなり守備的な戦術を採ったと見ています。
 ただしそれでも水戸の敗因の第一に「個人戦術の能力の差」をあげています。少し後に「自分たちのポゼッションをしながらシュートまで持っていく、個人戦術を高いレベルに育てなきゃいけない部分もある」といってますから、個人戦術とはポゼッションをしながらシュートまでもっていくことを指すようです。これが山形の方が水戸より上回っていた、と指摘します。
 山形のポゼッション能力の高さは前々から指摘されていたところです。ただそれだけでは勝てないことが第一クールで明確になりました。近頃はその反省を踏まえ、しっかりと守備をすることで逆に攻撃にも冴えを見せて四連勝中です。
 ただ、このままでシーズンを乗り切ることができるかといえば、そうは思えません。
 守備的な戦術は効率がいい分、前田監督のいう「個人的戦術」がおろそかになりがちです。つまりは自分で仕掛けてゴールを奪おうとうする気が減少しがちになることが懸念されます。そうやって積極的にチャレンジすることで選手の質が上がらなければチーム全体の質も上がることはありません。
 結局は、ポゼッションとカウンターのバランス感覚が求められることになりそうです。どちらか一方だけでなく、どちらも時と場合によって使い分けることが重要なようです。
 ようやく「攻撃のプライオリティの整理」ができる段階まできたということが言えるでしょうか。


スポンサーサイト
モンテディオ山形 | 【2006-05-28(Sun) 22:21:56】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
ジーコ大盤振る舞い
今日の練習試合を終えて、ジーコと記者のやりとり。

--練習試合の布陣は3-5-2だったが。
「何も問題がなければ、オーストラリア戦はこのままいく。ただ、選手の状態を見ながらシステムを変える可能性もある。サッカーは生もの。選手の一番いいものを出せるように当てはめる。試合中ずっと3バックというわけでもない」

ちょっと待て、ジーコさん。
なんでそんなに簡単に情報を与えるんですか!!!
なんでスタメンとシステムとを教えてしまうんですか!!!

ちょっとは相手に考えさせないと!!
相手は、今日のスタメンについて徹底的に分析してきますよ!!!
もしかしたら、ちょっとはメンバーをいじるかもしれないけど、ちょっとでしょ。
そこは聞かれても「まだ未定」「調子のよい選手を使う」でしょ!!

戦う前に自らの手の内を明かしてしまうのは、はじめからハンデを背負うようなものです。
たとい手の内がないとしても、あるように見せかけて、相手に様々考えさせるべきです。

願わくはジーコの言動が実はマリーシアであらんことを。

サッカー日本代表 | 【2006-05-24(Wed) 23:35:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
 一点差で逃げ切った東京V戦。私は実際に現地へ行ったわけでも、映像を見たわけでもありません。ただ試合後の3選手のコメントが非常に興味深かったので、これをちょっと検討してみます。
 まず、3選手とも「ボールの取りどころがよい(高い位置でボールを取れた)」旨の発言をしています。3人から同じ発言があるということは、チームとしてかなりの手ごたえがあったといえるでしょう。
 なぜ高い位置でボールを取れるのか。MF財前は「個人技でパスを無理やりつないでくるので、逆にひっかかってやりやすかった」と言っています。昨年のJ1チームに勝ったことは、それは自信につながります。ただ今回山形の戦術が成果をあげたのは、相手がボールをつないでくるチームであったからという点も忘れてはなりません。
 先の財前の発言からは、逆に言えば山形がやりにくいのは「スペースがなく、ロングボール主体で、攻めてこない」戦術ということになります。そしてこのやり方がJ2でもっともポピュラーな戦術です。相手がこの戦術を取ってきたときに、相手が攻めてこないのをいいことに、ボールを回していると相手の術中にはまってしまいます。前節のV東京のように。そして第1クールの山形のように。

 かといって、カウンター戦術同士ではなかなか試合が動かない。
 攻めれば、カウンターを喰らう危険が大きくなる。
 リスクを負わないで守備に専念すれば、得点は出来ない。
 
 結局様々な状況に合わせて、最善の方法をとることが必要になります。
 要するに「攻撃のプライオリティの整理」が大事だ、というところに行き着くことになります。
 もがいてもがいてまたスタート地点に戻ってきました。
 ただ開幕直後と違うのは、明確な戦術の核があるということでしょうか。あとは常にその核を基準にして物事を考えていけばいいことになります。これでずいぶんと意思疎通をはかりやすくなるのではないか、そんなふうに楽観視してみようと思います。
 

モンテディオ山形 | 【2006-05-23(Tue) 23:05:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
久保落選
 ワールドカップドイツ大会本戦のメンバーからFW久保が外れました。理由は、コンディション不良。
 しかしジーコは最近の調子ではなく、貢献度で選ぶのではなかったのか。
 だとしたら、ジーコ監督になってから最多の11点をあげている選手をはずす理由はないはずです。
 しかも骨折のリハビリ中で、同じくコンディション不良の柳沢を当然のように入れてます。
 以下ジーコのコメントの要旨です。
①FWはフィジカル的なコンディションがよくないと生かせない。久保は腰、足首、ひざと状態が悪い。よって久保を外した。
②柳沢については、リハビリの結果がよく、フィジカル的な部分が整えば支障ない。今の柳沢はフィジカル的な問題に尽きる。
③コンディションやフィジカル的に中途半端な形で臨むと、チームに影響を及ぼす

 ①②では久保・柳沢ともフィジカルに問題があることを認めています。③ではそういったフィジカルに問題のある選手は、他のメンバーに悪影響を及ぼすことを言っています。だとしたら、柳沢も外すべきなのですが…。
 決まったことはしょうがないですが、もやもや感は残ります。
ただ、巻が選出されたのは、ちょっと嬉しいできごとです。最近の代表での鬼気迫るプレーっぷりは、流れを変える役割を十分果たせると思います。

いろいろ | 【2006-05-15(Mon) 22:45:31】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
悪しき前例
 金森理事長と金村GMの退任が報じられました。
 この件についていち早く、そして詳細に報じている山形新聞によれば、これは斎藤県知事が大きく関与しているといいます。
 最近は、昨年来の不信感と今期の成績不振からGMに批判的な声が大きくなっていましたから、GMの退任に関しては歓迎する向きもあります。
 しかし、21世紀協会のトップが山形県知事の一存で、しかも秘密裡に交替させれることには恐怖を覚えます。
 今回は、たまたま知事とサポーターの「トップの交代」という考えが一致したにすぎません。
 知事側の狙いは、県と協会の関係の希薄化であって、サポーターの願いはチームの強化でした。
 今回の知事の独断専行を手放しで喜んでばかりはいられません。知事がクラブ人事に強引に介入した、という前例を作ってしまったわけですから。
 前例が作られた以上、その可能性はなくはないと思われます。
 「あのときは歓迎したじゃないか」という言葉とともに。
 そうならないといいのですが。

モンテディオ山形 | 【2006-05-14(Sun) 10:02:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
自分を信じる
もはや完全に自信を失っているのかも知れません。
監督も。
選手も。
そうであれば、自分たちで勝って解決していかなくてはなりません。
自分たちのやり方で。
奇策を弄して勝っても、一時しのぎにしかなりません。
自分を信じろ。
ひぐっつぁん

モンテディオ山形 | 【2006-05-04(Thu) 13:41:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
出来レース
オフィシャルによると、「応募数の多いネーミングの中から、類似調査等を実施、決定」。
ということは、事実上「岩男」で決定ですね。

嗚呼、ギガモンテス、汝を如何せん



モンテディオ山形 | 【2006-05-04(Thu) 13:40:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
靖国神社見学記3
 展示室数室と映画を見た段階で、前日の湘南戦の勝てなかった疲労+その後の温泉2時間ほど入っていた疲労が重なって、展示内容をすべて詳細にみるのが次第にめんどくさくなってきます。しかも仙台に帰る時間も近づいてきます。
 よって、説明文は一切見ない。展示物で興味を引かれたものを中心に見る、という方法に切り替えます。
 そこで目につくのは兵士の血染めのYシャツであるとか、阿南陸軍大将の血染めの遺言状であるとか(これはレプリカでしたが)でした。
 展示室も最後の方になると、兵士達の遺言状の部屋です。壁面を埋める多くの写真とともに彼らの遺言状が展示してあります。
 どれもこれも感情を抑えて、淡々と遺言しています。自分は国のために天皇のために死ぬのだ、死んだら靖国に会いに来てくれ、と。
 もうこれらの語句は定型句みたいなものなんでしょうが、それでも自分の死に直面しての文章は心揺さぶられるものがあります。
 最後の部屋には、戦争とは似つかない小さな立派なガラスケースに入った日本人形が。これは若くして戦没した兵士の母親が、靖国神社に奉納した人形だとのことです。
 添え文には次のように書いてあります。
 
 日本男児として生まれた貴男は、嫁を娶ることもなく死んでしまいました。
 ここに日本一美しい花嫁の桜子さんを捧げます

 もうこれには言葉がありません。ただただ立ち尽くすしかありませんでした。
 境内は休日ということもあり、多くの人でにぎわってました。桜の咲き始めということもあるかもしれません。遊就館の映画ホールには立ち見もでるほどの盛況でした。
 耳を澄ませば、韓国語、中国語、英語など様々な言語が耳に入ってきます。欧米人にとっては、観光名所なのかもしれません。アジアの人々にとっては、きちんと自分で見てその実態を確かめたい場所なのかもしれません。
 靖国神社はこれからも多くの人の注目を集める存在でありつづけるのでしょう。
 ただ、その自覚が今の靖国神社にはあまりにもなさ過ぎるように思えます。


いろいろ | 【2006-05-04(Thu) 13:38:39】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。