カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
Data
プロフィール

Author:樽<taru>


住処:仙台市岡の上
産地:山形県置賜地方最北山裾
タイトル:HONDAインテグラのCF
キャッチコピーからパクリ借用。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
やすくにじんじゃってなに?
 終戦の日の8/15日に小泉総理大臣が靖国神社にお参りしました。朝からその日一日はニュースでずっととりあげられていました。ではなぜこんなに問題になるのでしょうか。
 靖国神社には明治維新以来、国のために戦って死んだ軍人さんが神として祭られました。国も先の戦争中には「死んだら靖国神社で神になれる」言ってたくさんの兵隊さんを戦場に送りこみました。兵隊さんたちも戦地にいくときに、家族には「靖国に会いにきてくれ」、戦友には「靖国で会おう」といって別れていきました。
 ですから小泉総理大臣や安倍官房長官が「日本のために戦った人を参拝するのは当然」であり、彼らに「二度と戦争をしないとちかう」ために参拝するというのはとてもよいことのようにおもわれます。
 ではなぜ中国や韓国は小泉総理大臣が靖国神社をお参りするとなぜあれほど怒るのでしょうか。何に対して怒っているのかといえば、靖国神社には「A級戦犯」がまつられていて、それを日本国を代表する総理大臣がお参りすることに対して、です。
 「A級戦犯」というのは、戦争後に戦争の責任があるとされた当時の総理大臣や陸軍・海軍の大臣たちです。一国の指導者と軍隊の一番えらい人たちですから、当然責任は取らなくてはなりません。責任者は責任を取るためにいますから。
 この「A級戦犯」が神としてまつられている靖国神社を今の日本の総理大臣がお参りするということは、中国では「日本が中国を侵略した歴史を反省していない」というふうにみるのです。これももっともだとおもいます。
 靖国神社にお参りする小泉総理大臣も、それを批判する中国もそれぞれ言い分があります。どちらも正しいことをいっているようです。ですが、まったく話がかみ合っていません。小泉総理は靖国神社にまつられている神=一般の兵隊さん、という考えで話をしています。これに対して中国側は靖国神社にまつられている神=A級戦犯、という考えで話をしていますから。
 中国側は、A級戦犯をまつらなければ、総理大臣が靖国神社にお参りするのはかまわない、といいます。これに対して小泉総理は、中国が問題にする「靖国にA級戦犯がまつってあること」に正面から向き合いません。あくまで靖国の神は「日本のために戦った人々」という言い方をします。かみ合っていないのですから、解決もしようがありません。
 そもそも靖国神社には兵隊さんは神としてまつっていても、広島や長崎で原爆でなくなった人々や沖縄で米軍や日本軍に殺された人々や都市部への空襲でなくなった人たちはまつられていません。これらの人々には「二度と戦争をしないと誓う」必要はないのでしょうか。靖国神社で兵隊さんにだけに誓って、一般の人々には誓わないというのはヘンな話ですね。

スポンサーサイト
今日の一ネタ(原稿) | 【2006-09-01(Fri) 22:06:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
日本の神
 日本の神はどこに住んでいるのか。神を祭る神社があるからといって、神が常に神社にいるわけではありません。神は遠い彼方に住んでいて、必要のあるときだけ神社にやってきます。必要があるときというのは、呼ばれたときです。だからこそ各地に○×八幡神社(祭神・ホンダワケ命)や△○稲荷神社(祭神・ウカノミタマ命)や△■天満宮(祭神・菅原道真)や×○東照宮(祭神・徳川家康)があってもいいのです。いつもはいないけど、呼べば来ますから。ある場所に祭られている神を他の場所でも祭ることを分祀といいます。特定の神社にいないですから、どこでまつってもいいわけです。
 さてでは、どうやって神を呼ぶのか。これは簡単です。賽銭箱にお金をちゃりーんと入れて、鈴をじゃらじゃら鳴らして神に気づいてもらうのです。賽銭は神を呼ぶためのインターホンみたいなものです。ですからいくらお札を投げ入れても、気づいてくれませんし、金額が多ければご利益があるというものでもありません。子供が鈴をジャラジャラ鳴らして親がたしなめるという光景も見受けられますが、神に気づいてもらうには大いにジャラジャラしていいのです。神社は神の出現ポイントといえそうです
 賽銭箱に硬貨を投げ入れて、鈴を鳴らして、それでもちゃんときてくれるのか不安であれば、宴会を催せばきっとやってきてくれます。日本の神々の中で最高位にあるアマテラス(天照)は、あるとき弟神の乱暴にスネて岩窟に引きこもってしまいます。アマテラスはその名の通り、光=太陽をつかさどり、彼女が引きこもると世間に日の光が差さなくなります。これに困惑した仲間の神達は一計を案じ、岩窟の周りで宴会をはじめます。まわりでどんちゃん騒ぎがはじまって、興が高じてストリップをはじめる神も現れます。岩窟の中にいるアマテラスは気になってしょうがありません。そっと岩戸を開けて様子を見たところ、待ってましたとばかりにその隙間をこじ開けられ引きずりだされます。最高位の神ですら大の宴会好きといえます。いわんや他の神々をや。この宴会好きの神々を精一杯もてなそうというのが、日本の祭りの趣旨といえます。
 こんな神が日本中あらゆるところに存在します。美しい山、清らかな川、巨大な石、天まで届く大木などなど。江戸時代の国学者・本居宣長は「すべてカミはすぐれてかしこきもの」と定義しました。つまりほかよりちょっとでも優れていれば、それはすなわち神と認められたのです。その意味では、他人が入手困難な情報をネット上に流してくれたり、貴重な映像をうPアップロードしてくれる人はやはり他人より「すぐれてかしこき」者といえます。ですから、そんな場合に、
 神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
というのは、やはり日本人の物の考え方や「神」語の用法の伝統に則した使い方だといえます。

今日の一ネタ(原稿) | 【2006-09-01(Fri) 22:03:15】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
ボスニア・ヘルツェゴビナ史概観
 先日サッカー日本代表とボスニア・ヘルツェゴビナ代表との親善試合が行われました。この試合は、6月に控えたサッカーワールドカップ本戦を見据えた、仮想クロアチア戦と位置付けられました。ボスニア・ヘルツェゴビナとクロアチアとは隣国であり、体格的にもほとんど変らないので、その体格や当たりの強さ、テクニックなどを体感する機会となるからです。
 最近ではあまり聞かなくなったこの国ですが、せっかくの機会ですからその歴史について概観してみます。
 ボスニア・ヘルツェゴビナもクロアチアも15年ほど前には同じユーゴスラビアという連邦国家の一員でした。
 ユーゴスラビアというのは「南スラブ人の国」という意味です。現在では、細かくは20以上の民族が存在するものの、大きくは「南スラブ系」とくくることができるようです。
 地理的にはヨーロッパの東端、アジアへの窓口に位置します。そのため、古今様々な勢力がこの地を巡って争いました。欧州の火薬庫といわれるゆえんです。西からはカトリックが勢力を東へ広げようとします。南にはギリシャ正教会があり、東にはイスラムを信奉するトルコがヨーロッパを狙っていました。
 そして現在でも半島の西側にはカトリック教徒が、南側には正教徒が多いとされています。90年代前半に半島の西側ではスロベニア、クロアチアが、南側ではマケドニア、セルビア・モンテネグロなどが独立しました。そしてこの西の勢力と南の勢力に囲まれた地域がボスニア・ヘルツェゴビナです。
 元来、この地域には、カトリックからも正教会からも異端とされたボゴミール教徒(キリスト教の一派)が数多く居住していました。15世紀にオスマントルコがこの地域を支配すると、彼らは実利的な理由からイスラム教徒に改宗していったといわれます
 すなわちバルカン半島の西にはカトリック、南には正教会、その中間にはイスラムと異なる宗教・宗派が並びたつことになります。
 第二次大戦時ドイツに侵略された際、対独抵抗組織のリーダーであったチトーはこの南スラブ系の諸民族をまとめあげ、ユーゴスラビアが成立します(サッカー協会もユーゴスラビア協会ひとつに統一されます。それゆえ国内各地域の戦術レベルでの類似が推測されます。これが先日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦が仮想クロアチア戦となりうる理由の1つめです)。しかし、南スラブ系民族の独立という目的を果たしたのちには、今度は宗教的な対立が待っていました。チトーの死後(1980)、対立は激化していきます。
 その中でボスニア・ヘルツェゴビナは92年に独立を宣言します。人口構成は約44%がイスラム教徒、約30%がセルビア人、約17%がクロアチア人とされます。セルビア、クロアチアの中間に位置するこの地域には、多数の両国人が居住していました。このことが、セルビア、クロアチアが自民族保護のためにとボスニア・ヘルツェゴビナへの軍事介入を行う口実となります。これがボスニア紛争です。紛争は、95年のアメリカとNATOによる軍事介入によって、和平協定が結ばれましたが、この内戦によってセルビア人、クロアチア人、そしてムスリム人がお互い憎しみあい、殺し合いました。
 ここでいうムスリム人とはボスニア・ヘルツェゴビナの最大勢力のイスラム教徒のことです(ムスリムとはイスラム教徒のこと)。彼らとクロアチア人、セルビア人とは同じ南スラブ系です。3者は身体的にも言語的にもほとんど相違はない、と言われています(これが先日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦が仮想クロアチア戦となりうる理由の2つめです)。ですがこの「ムスリム人」は自らのアイデンティティをイスラム教徒であることに求めたのです。
 一体民族を決定づけるのは何なのでしょうか。言語なのか、身体的特徴なのか、文化なのか。いろいろ思いつく要素はありますが、明確な概念はいまだありません。
 民族とは何か。
 答えは出そうにありませんが、さまざまなことを考えさせられます。

地図

  <墺>
 伊 <スロベニア>
    <クロアチア>
  太  <ボスニア><セ ル
       <モンテネグロ> ビ ア>
    利    <アルバニア><マケドニア>
            <ギリシア>
      亜

 参考資料
 浅井信雄『民族世界地図』(新潮社、1993年)
 石川純一『宗教世界地図』(新潮社、1993年)

今日の一ネタ(原稿) | 【2006-03-01(Wed) 21:58:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「表現しない」という表現の自由(ムハンマドの風刺画問題)
 ことの発端は昨年9月にデンマークの有力新聞がムハンマドの風刺漫画を掲載したことに始まります。ただしこのときは、それほど大きな問題にはなりませんでした。
 それが今年1月にノルウェイの雑誌が再び取り上げた時に、やや大きな反発が見られます。ここで初めに掲載したデンマーク紙は謝罪を行いました。しかし、2月にはフランスの雑誌がさらに転載し、これによってイスラム社会が大きな問題としてとらえ始めます。
 イスラムの教えでは、神やムハンマドを絵に描いてはいけないことになっています。これは、描かれることで彼らに特定のイメージを与えるから、と説明されます。まずこの点がイスラム教徒の非難を受けます。
 次に描かれた風刺漫画がイスラムを冒とくする、悪意のあるメッセージであったことが問題になっています。導火線のついたターバンを巻いたムハンマドの風刺画は、イスラム教徒=テロリストと決めてかかる意識がうかがえます。
 デンマーク紙に風刺画を描いた作者は「こんな状況になることが分かっていれば掲載しなかった」と言っています。彼についてはその行動が軽率であったと言わざるをえませんが、これが今回の問題がここまで大きくなった本質ではないでしょう。
 最大の問題は、フランス誌が表現の自由を理由に再掲載を行ったことおよび、その行動の背景にある西欧社会の独善的なものの考えかたにあると思います。
 再掲載したフランス誌の編集長は、表現の自由の不可侵を強調し今回の掲載の正当性を訴えます。たしかに表現の自由は西欧諸国にとっては絶対的な価値とされます。それは西欧で生まれ、守られてきた価値観です。
 ですが、イスラム社会にとっては事情が異なります。イスラム社会はその多くが中東や北アフリカなど非西欧地域に属します。厳しい戒律を課し、さまざまな自由からの隔離が求められます。
 あるフランスの論者はイスラム教徒に「過ちを含め、すべてを受け入れるべきだ」と発言しています(『朝日新聞』06年2月15日付朝刊)。これは西欧の論理(表現の自由)をイスラム社会へ押し付けているものと受取れます。相手のことを考えずに、自分たちの価値観を相手に押し付けらることは、決して気持ちのよいものではありません。常に彼らが正しいとは限らないのですから。
 仮にいくぶん譲って、仮にイスラム社会も表現の自由を認めるべきだ、としましょう。ですがこの場合でも西欧側への非難は免れません。
 なぜなら、この場合はイスラム社会は「表現しない」という表現の自由を持っていると考えなくてはならないからです。
 とすると、西欧側はイスラム社会の「表現しない」という表現の自由を侵略していることになります。これは自分の自由は存分に享受し、他人の自由は無遠慮に侵害しているということです。
 西欧諸国には、多数のイスラム教徒を受け入れているのに、イスラム教徒は西欧の考えを受け入れない不満があるといいます。
 イスラム教徒には、アメリカの同時多発テロ以降のイスラム=テロリストと決め付ける偏見への怒りがあるといいます。
 両者それぞれに言い分はあるかと思います。それぞれ漫画が掲載され、抗議行動が激化した背景と言われます。ですが、あくまでもこれは背景です。本質的には倫理・道徳の問題に行き着くと考えます。
 はたして「表現の自由」を盾にすれば何を表現してもいいのか?他者の不利益を省みずに、自らの利益のみを追求してもいいのか?
 件のフランス誌の「ムハンマド特集号」は通常の数倍の売上を記録したそうです。本当にこの雑誌は「表現の自由」を守りたかったのでしょうか?
 自由という言葉が、勝手な一人歩きをしているような気がしてなりません。

今日の一ネタ(原稿) | 【2006-02-16(Thu) 15:20:13】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
信念を変えないこと・変えること
 先日、社会民主党(社民党)が自衛隊を「違憲状態」とする発表を行いました。これは、同党の従来の見解とは180度方向を変えたものです。
 そもそも社民党の前身である日本社会党は、1990年代まで長らく野党として、徹底した反自民政策を掲げ、日本国憲法第9条の解釈に関しても、反戦の立場から自衛隊の存在はありえないとの立場を示してきました。
 ところが、1993年に自民党政権が倒れ、日本新党を中心とする連立与党に社会党も参加します。この連立政権はほどなく内部分裂するのですが、社会党だけは別のパートナーを見つけ、政権与党でありつづけました。そのパートナーは、長い間社会党が徹底的にその政策を批判しつづけた自民党でした。
 自民党と社会党との連立政権では、総理大臣は社会党の委員長・村山富一氏と決まります。この政権のもとで、村山首相は先の第二次世界大戦までの日本のアジア諸国に対する謝罪を行うなど、外交面では評価できる面があります。これは、社会党の首相だからできたともいえます。
 ですが、社会党の党首が首相になったがゆえの問題も生じます。その時点ですでに自衛隊は存在し、その最高指揮監督権は内閣総理大臣である村山富一氏のもとにあったのです。
 そこで社会党内で問題になったのが、自衛隊をどう位置付けるか、です。
 それまで社会党では、憲法9条は不戦をうたったものであって自衛隊は存在し得ない、との立場をとってきました。ところが現実に政権をとって、自衛隊をどう扱うのか、この点において非常に苦しい選択を迫られることになりました。
 社会党は自衛隊を、認めるのか認めないのか。
 現実的にはすでに自衛隊を廃止することはできません。自衛隊を否定することは、現実的に自衛のための武力を手放すことになります。これは現実の世界情勢では不可能です。
 とすれば、社会党は自衛隊を正式に認めざるを得ません。ここにおいて社会党はそれまでの方針を転換して、自衛隊を合憲と認めるに至ります。
 これは、社会党の存続意義そのものを大いに揺るがす改変でした。政権の座にずっと居座ることができれば、それでもよかったのかもしれません。
 ところが、自民党と社会党は本来相反する政策を掲げていた二党です。この二党が連立を組めば、同一化するか離反するかしかありえません。社会党は妥協をかさね自民党にすりよることで、政権を維持しようとしました。ですが次第に自民党にとって、社会党の存在は小さくなりつつありました。
 社会党はそれまで憲法改変反対・護憲・反戦の立場を守り、人々に支持されてきた政党です。その看板を失った社会党は、やがて議席を回復していった自民党に追われるようにして政権を離脱します。その後も、もはや政権を担当せず、まして従来の見解を180度転回した社会党を支持する人々は少数となりました。選挙では毎回苦戦が続き、現在ではわずか7議席にとどまっています。この間、党名を社会民主党(社民党)と変え、委員長に若手を抜擢しますが、勢いはもう戻りませんでした。
 社会党は、政権を担うために自らの信念を放棄しました。このことは反対からみれば、信念を放棄したゆえに政権を担うことができたともいえます。信念を曲げたこと自体は政権の座にあったときはそれでよかったのかもしれません。政党にとって、政権を担い国政を動かすことは大きな目的のひとつであるからです。
 仮に信念を曲げない、という選択をしたらどうなっていたでしょうか?おそらく政権を担う機会はなかったでしょうが、これほど議席を失うこともまたなかったのではないでしょうか。
 社会党にとって、あのとき自らの信念をまげて与党となり、短期間でも政権を担えたことがよかったのか、信念を貫いて野党となるべきだったのか、どちらがよいのかわかりません。
 
 自分の意見をもつこと。これが大事だと言われます。
 しかし、これが多くの人々に受け入れられず、認められないこともあります。
 
 時には自分の意見を曲げること。これが生きていく上で必要だとも言われます。
 しかし、自分の意見を曲げたことで、大きく信用・信頼を損ねてしまうこともあります。
 
 何が大事か、何を優先するかは最終的には個人に委ねられます。
 その場面に立ち会ったとき、どの選択をするのが一番よいのか、慎重に見極める必要があります。
 そのことを社民党のここ10数年のあゆみは教えてくれます。

今日の一ネタ(原稿) | 【2006-02-14(Tue) 17:28:43】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。